2015年02月26日

「お姉ちゃん」に萌える

どうも。
大方の予想通りサイコパス2の朗読会のチケットが取れなくて
悲嘆に暮れていたカッパダス。

うん・・・わかってた・・・
先行が外れた時点でかなりの望み薄だって・・・
でも公式様が一般発売があるって仰るから
一縷の望みにすがってみたの・・・

まぁ、
一般発売なんてなかったダスけど。


珍しくチケット販売サイトの発売開始時刻から一分以内に繋がって
もしや・・・と期待して枚数選択の画面に移ったら
売り切れ表示を見た時の虚しさよ。


とりあえず、
チケットを高値転売して稼ごうとしている輩には
狂犬病の野犬に噛まれろの呪いをかけておきました。
心当たりのある奴ぁ、震えて眠りな!!



そんなこんなでサイコパス。
皆さんもう劇場版はご覧になりましたかね?


ろそろ、
オラの感想に偽装された妄言を披露してもいい頃合いダスかな・・・
なんて思ってたんダスが、
それよりも何よりも、奥さん!!


サイコパス2 BD,DVD3巻に付属しているCDは
もうお聴きになりまして!?

PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.3 [Blu-ray]

まだお聴きでないという雛河くんファンのそこの貴方!!
今すぐ購入しに走った方がよろしくてよ!!
顔芸が得意な東金さんが
惜しみなくそれを披露する素敵なパッケージが目印ダス。


・・・うん
ごめんごめん。
発売日にかなり話題になってたから
雛河ファンはもう何を今更な話題ダスよね。


本当はオラも発売日前日に入手して
CDを聴いた途端に
もうどうしていいか分からないぐらい荒ぶったんダスが、
如何せんチケットのことが気がかりでブログ書いてる余裕なかった・・・


今は、やっと心の整理がついたので
公式様、
朗読会のライビュ実施か円盤収録を
何卒宜しくお願いいたします!!
土下座。
ご希望とあらば、半沢直樹の大和田常務よろしく土下座いたしますが。


話を元に戻して、
なんのこっちゃな方のために軽く説明しますと
そのサイコパス2の円盤3巻に付いてくる特典のドラマCDが
雛くんに焦点をあてたお話なんダスがね。


そのタイトルが「姉弟中毒」


どこのロマンポルノだよっていう素晴らしいタイトル。


勿論、そんないかがわしい内容ではないんダスが
オラ的には物凄くいかがわしかった・・・


だって冒頭から雛くんの長いモノローグなだけでも卒倒しそうなのに
「お姉ちゃん」の連呼なんダスのよ?


サイコパスの謎解きイベントで
貸出の音声ガイドから流れる雛くんの「お姉ちゃん」を
何度も噛みしめ過ぎて
謎を解く時間が足りなくなったオラにうってつけ。


しかもそこに予想だにしない青柳さんの凛々しい登場に涙し、
これまた予想だにしない優しい須郷さんに心を射抜かれ、
最終的に大いなる存在であらせられる朱さまにひれ伏す・・・
っていう
1回聴いただけでえらい体力をもっていかれるドラマCDでした。

簡単にまとめると
「雛くんのお姉ちゃん呼びの謎が明かされるよ」ってことダス。
最初からそれで済ませよとかオラ聞こえない。
オラの生業は時間泥棒ダスからね。


もうオラはCDなのに擦り切れるんじゃってくらい何度も聴いてますよ。
最初の台詞を空で言えそうなくらい。


あ、カッパが気持ち悪いのは基本仕様ダスよ。
慣れて!!
慣れるときっといいことあるよ!!
初対面で気持ち悪いなって感じる人にちょっと耐性がつくとか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



続きを読む


posted by 元カッパさん店長 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ腐れ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

今更「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」の話

皆さん!!
2月14日はいかがお過ごしで?

そう!!
2月14日は褌の日ダスよね!!

・・・え?
それ以外に何が・・・(困惑)


オラダスか?

オラはその日、地元のアニ○イトにて
BLCDの予約特典が付くかどうか
年若い店員さんに必死に食らいついてました。

店員さんもそんな日に勤務ってだけでも辛いのに
気持ちの悪いカッパに詰め寄られて
タイトルに「魔女っ子少年〜」とつくCDを
バックヤードのCD担当の偉い方まで何度も尋ねに行くという
酷い目にあって可哀想に。
まぁ、そうさせたのはオラなんダスけど。
メンゴメンゴ☆



そう、2月14日は年に何回か存在するリア充爆砕しろの日の一日ダスよね。


ということで、今更ダスが
THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」の感想というか
オラの罵詈雑言を。
なぜこの繋がりかというと
内容が「リア充爆砕しろ」だったもので・・・。


もう、公開も終盤ダスのでネタバレをバンバンします。
お嫌な方、
映画は楽しく観られた方、
ここはそっと閉じて下さい。

注意は散々しましたからね?

では。


まず、
高校生うるさい。

あ、いっけね。
これはオラが観た田舎の劇場の客層の話でしたカッパ。

わざわざ平日に観に行ったっていうのに
なんで平日なのにこんなに高校生で溢れてるんダスの・・・?
学校は・・・?

そして、その高校生たちが思ったことをすぐ口に出しちゃう病で。
劇中でヒナタさんがナルトさんに告白するんだけど
実は誰もいないところでシミュレーションしてました〜的な
めっちゃありがちなシーンだったんダスが
ヒナタさんが告白し、だれもいない空間が映ったところで
高校生「いないじゃん!!(笑)」
え・・・
箸が転がっても可笑しいお年頃って
そんなことでさえ面白いの・・・?と
おっちゃん、本気で戸惑ってしまったよ・・・
あれかな・・・
ハンタの映画で出会った中学生が
そのまま育ってまたお会いしたのかな・・・


映画の内容としては
そんな笑いの沸点の低い高校生たちが
不満を漏らす内容ダス。


もう、これだけで十分かとは思いますが
更にオラの罵詈雑言を。


まず第一に
大作を匂わせるめっちゃ壮大な宣伝を鵜呑みにして
ハードルを下げてから観に行くのを失念してました。
これが痛かったダスね。

あと、原作での最終回の急展開に納得できなかったので
その間を埋める物語ということで拝見しに行ったのに
全く微塵も腑に落ちないよ。

なんていうか、リア充カップルの披露宴で
全く興味のない新郎新婦の馴れ初めからの軌跡VTR(素人制作)を
延々見せられてる感じ。


メインもサブも出演キャラ全員
お前誰だよ・・・ていう別人っぷりで。
唯一変わらなかったのは
オラのサクラさんへの好感度の低さっていう。


散々ナルトさんに好意を向けられ
自分もなびきかけたこともあるのに
ナルトさんに対して
自分への好意はサスケさんへの対抗心からの錯覚だとか
お前さん、どの面下げて?
しかもヒナタさんに上から恋愛マスター的な恋のアドバイスとかしちゃって
本当にお前さん、どの面下げて?


あと、作者が監修してるのに
名門のお嬢様であるヒナタさんが白眼からかわれて苛められてるとか
ナルトさんが影分身習得してるとか
それ以前にヒナタさんを苛める苛めっ子が
里の嫌われ者ナルトさんを知らないとか
訳が分からないのはさて置いて。

回想におけるイルカてんてーの生徒に対する質問が鬼かっていう。
あんなのオラの大好きな
ナルトさんに優しく寄り添うイルカてんてーじゃないやい!!
ストーリーの伏線だとしてもあれはないよ・・・
あの世界に尾木ママがいたら確実に怒られますよ、あれ。


そして、ヒナタさんは確か
木の葉でも最強の日向一族だと思ってたんダスが・・・
本当に忍者?っていうレベルの弱さ。


簡単に連れ去られそうになるわ、
壁からは落ちそうになるわ、
仕舞いには蜘蛛の巣で「きゃっ!!」て。
返り血とか浴びんのに?
蜘蛛の巣で?
ナルトさんの前で女子アピール?
ひくわー・・・
妹が囚われて目を奪われてるのに
延々マフラー編んでるし。

でも、蜘蛛の巣できゃっなのに
躊躇なく敵から眼球を抉り出してるのには笑いました。
オラ以外誰も笑ってなかったけど。
あの高校生ですら・・・



まぁね、これまでのことは些末ダスよ。
一番気になっていたのは
ナルトさんがヒナタさんとどういう経緯で結ばれたかってことダスが。


この映画を観たのにさっぱりわかりませんでした。


なんというか、
クラスの友達に
「おい、3組のヒナタってお前に気ぃあるらしいぜ?」
って言われて、気になって見に行ったら可愛い娘で
そこから気になって意識するうちに
好きになった男子中学生くらいのうっすい動機で・・・

過去の幻術見せられたくらいで
えぇ・・・今更・・・?っていう。

もうちょっと説得力のある理由を求めてたんダスが。


これなら、まだ敵の中二病全開のトネリさんの方が
ヒナタさんのことちゃんと好きだよ。
ストーカーだけど。
中二病を拗らせて世界規模に迷惑かけてるけど。


そして中二病キングの座は渡さない!!とばかりに
急に登場していいところを掻っ攫って
それ以外は一切登場しない清々しいサスケさん。


判断基準を勘とか言い出して
よく考えると特に何もしていない火影のカカシてんてー。


結果的に一番の萌えキャラだった喇嘛さん。


もう、何が何やら・・・


最終的になんやかんやで
ナルトさんとヒナタさんのチューを見せつけられ
そのまま結婚式EDに流れ込むんダスが


短髪の金髪に袴姿のインパクトったら

地元のヤンチャだった先輩が
とうとう身を固めたか・・・
っていう絵面にしかみえなくて・・・

あぁいう方の奥さんって何故か美人だし・・・


最後にちょっと流れた家族団らんの風景が
どうしてもヤンなご家庭にしか見えないよ。

ジャージか
ジャージが悪いんか。

ヒナタさんの幸薄そうな感じが
また一味加えてますカッパよね・・・
あれその内ボルトさん絶対襟足伸ばされるんだろうなぁ。

と、なにやらしっくりこないまま
ただただイチャコラするカップルを見せられて終わり
予告で告げられる続編決定のお報せ。


わかってる。
みなまで言いなさんな。

あれじゃろ?

我愛羅おじさんに求婚する
ボルトくんの大冒険譚じゃろ?
二人の愛の軌跡じゃろ?

それなら、オラ頑張って観に行くよ。

ボルトくんの成長物語で
最後はピンチにナルトさんがちょっと助けて大団円とか
まさか、そんなわけないダスよね。


あと、オラそんなことよりも
サスケさんがあんな中二病全開で放浪してるのに
そこから子を成すことにまでこじつけた
サクラさんの手腕の方がとても気になるんダスが。

もう偶然立ち寄ったサスケさんに
一服盛ったとしか思えないよ。

オラも薄い本を探す放浪の旅に出るか・・・

でもきっとサスサク本じゃなくて
サスナル捏造本買ってきちゃうけど・・・
カカイル熟年夫婦本でもいい・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
続きを読む
posted by 元カッパさん店長 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。