2015年06月30日

Σはっ!!

なんてこったい・・・
オラがチマチマと大阪城の地下を掘っている間に
6月が終わろうとしている・・・
おかしいダスな・・・

あ、例のあれをオラもこっそりやってます。
あんまり大きな声で言うと厄介ごとに巻き込まれそうなので
ひっそりやってます。
ひっそりと五虎退ちゃんのビキニを待ってます・・・。

あ、五虎退ちゃんのビキニ姿って意味ダスよ?(真顔)

なんのこっちゃの方は
そのまま知らないほうがいいってこともありますカッパよ・・・

この沼深いうえに、澱んで下のほうにガラス片とか錆びた鉄釘とか
いっぱい落ちてるイメージ・・・



もう6月終わっちゃうんダスねぇ・・・
オラ、3月のアニメジャパンの話しようと思ってたのに
6月が、しかももう終わるとか・・・


アニメジャパン内で開催される
夏目友人帳の無料トークイベントの先着整理券を得るために
早く入場できるファストチケットを購入したけど
入場番号が中盤だったから半分あきらめの境地で
それでも万が一にかけて入場時にダッシュしたら
やっぱり整理券の配布は終了していて
そうだよなぁ・・・なんて肩を落としていたら
速攻でその整理券を転売してる輩がいて
そんな輩は旧鼠に襲われろ!!と念じた話とかしたかったダスのに・・・


あれれ、ほぼほぼ話したいことは終わってしまっ・・・


そうそう、アクエリオン10周年記念ステージで
新しいアクエリオンの「アクエリオン ロゴス」の制作が発表されたんダスが
まず、ステージで発表される前に
入場時に配られる冊子でそのことを知ってしまうという斬新なスタイル。
そして、微妙なキャラデザに、え・・・これ大丈夫?と心配になり、
スタッフのクレジットに
佐藤英一監督とシリーズ構成熊谷純さんの名前を見つけ、
「ノ・・・ノブフーの戦犯やんけ・・・こりゃぁ、あかん・・・」
という気持ちのなか
いざ、ステージで新作の制作が発表されて
河森監督が新しい若手のスタッフに依頼しましたといって
笑顔の佐藤監督が登場したあたりで
「あ・・・これ、なんとなくマジであかん・・・」という空気で
その会場の客席が一体感に包まれたというエピソードもお伝えしておきますね。



あと、「血界戦線」のステージで
クラウス役の小山さんとチェイン役の小林さんが大暴れ
そこで巻き込まれ事故にあったザップ役の中井さんが
最終的に「スッ〇リ」ポーズをさせられるという
大変大荒れのステージで物凄く可笑しかったので
これは絶対に放送後のキャストイベントに参加せねば!!と
固く決意したというエピソードもありました。



あとは・・・
アニメジャパンからのFree!イベントの梯子で
死にそうになった話もありますが、
それは次の機会にでも・・・




posted by 元カッパさん店長 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

あらいやだ

ちょっと、ちょっと奥さん。

もう6月とかマヂダスか。

おかしいダスな・・・
オラの予定では黄金週間あたりに
いっぱい駄文を書き殴ってる予定だったダスのに・・・
オラ、知らない間にキャトルミューティられてたのかしら・・・


昨今の話題、昨今の話題・・・


そうそう、進撃に続いて
清水玲子先生の「秘密」も実写映画化で
キャストが発表されましたカッパね〜。


うん。
美形を揃えてくれてありがとう。
でも、なんだしょう、このそこはかとないコレジャナイ感。

まぁ、これはオラの主観なんでなんとも言えませんが。

あとは監督と脚本家次第ダスかね。
大友監督はるろ剣でかなり評価されてますが
オラはあのほぼほぼ笑って終わったプラチナデータを忘れてないダスよ。
とりあえず、アニメ版の発破オチのような惨劇だけは
ご勘弁いただきたいダスね・・・。



え〜、これももう旬の話題じゃないダスの?

もう最新の話題なんてわからんよ。
というわけで、
手持ちの話題、
いろいろ映画見たけど感想語れるほど大層なことは書けないので
コレジャナイにあわせてブログなのに呟くぜのコーナーダス。





コレジャナイ〜コレジャナイ〜
「翠星のガルガンティア」の後編見たけど〜
オラが見たかったのこんなんじゃない〜



テレビ版でレド少年の独り立ちという
壮大なカタルシスを味わってしまったため
劇場版は何を見せたかったのかさっぱりわかりませんでしたよ。
やたらとレドさんとリーマさんの熱々カップルっぷりを見せつけられ
かと思ったら、急に強大な隣国とか登場しちゃって
新キャラと新ロボのうっすい関係性を見せつけられ
世界観どうなってんの??というところに
「これからも君は俺が守る!キリッ!!」(※熱い抱擁)というラストで
『うん・・・でしょうねっ!!』っていうね。

なにやら、テレビ版2期が予定されてたけどとん挫したようで
そのつなぎの物語だったみたいなんダスが、
テレビ2期やらなくてよかったね!!







コレジャナイ〜コレジャナイ〜
「スーパーヒーロー大戦GP」見たけど
毎度おなじみコレジャナイ〜



いやぁ、今回も酷かった・・・
もとより、ストーリーには一切期待せず、
ただ、平成ライダーの方が何名か登場されるのを
本当に楽しみにしてたんダスが、
なんだかキャラがぶれっぶれで
言動がコロコロ変わってなぁ・・・
やっぱりライダーなんて激務に携わると
みんな、情緒不安定になっちゃうんダスの・・・?
あと、剛さんの扱いが酷すぎて・・・
脚本の方は剛さんになんか恨みでもあるのかってくらい。
他のライダーたちが共闘してるのに
マッハだけ棒立ちで敵の総攻撃受けるって
マッハはライダー界隈でハブられてんの・・・?

ニンニンジャーは滑舌は悪いけど
状況把握能力は抜群でした。
話が早い早い。






コレジャナイ〜コレジャナイ〜
「ソロモンの偽証」前後編見たけど
ヤマシンが木偶の坊扱いでこの野郎〜



原作既読で拝見しました。
いやね、もう話のまとめ方としては
監督はこの視点を切り取りたかったんだなぁってなもんで
受け取り方は人それぞれって感じダスかな。
オラには全く響きませんでしたが。
オラは宮部みゆき小説あるある
どう考えたってこんなデキた中学生いないぜ!!な
緊迫の裁判シーンのやり取りがみたかったんダスよぉ・・・

というか、
オラの一番お気に入りの萌えキャラ廷吏役「ヤマシン」の
凛とした立ち振る舞いが見たかったんダスよ!!
なんだいあの木偶の坊っちゃんっぷりは・・・
そんなところまでリアルな中学生描写しなくていいんだよ・・・?

原作を読んだ人は樹里ちゃんの
あのシーンがなかったのは残念だった思うんダスがねぇ。
あれで樹里ちゃんのキャラが随分と異なるような気が。
あと、野田君が神原君に向けたあの異議のシーンもないと
神原くんが可哀そうすぎませんかね。

キャスト的にはなんで永作博美のシーンがあんなに無駄に多いんだよとか
井上判事がなんであんなドジッコ萌えキャラ扱いなんだよとかありましたが
大出くんの子がエロい。
それに尽きます。

あと、話のまとめ方はまぁ監督の好きとして
オリジナルで入れた藤野さんが成長して母校に凱旋するシーン。
なんで「伝説の〜」とか
「あれ以降いじめは一切ない」とか無駄な台詞入れちゃったのかなぁて。
そういう大人の目線で物事が語られるのを厭った
中学生たちの話だろうよ。
そのシーンを変えたんだから
最後の「私たち〜になりました」の台詞も変えるべきでしたよなぁ。
映画はキャラクターとエピソードをガッツリ削ってあるので
あの台詞を言われたところで
『何をいまさら、元からでは・・・?』としか。

まだ未見で
オラの中でエロいと評判の大出君と
神原君役の正統派美少年が気になる方は
映画を見てから原作を読んだほうがよいダスかな。

そして原作を読んでこう思うに違いない
「なんでヤマシンがあの扱いだったんだ!!」とね。





コレジャナイ〜コレジャナイ〜
「亡国のアキト」第3章の
舞台挨拶付を拝見したけど
オラは収録の裏話とかが聞きたかったんダス〜



舞台挨拶の内容は
シン役松風兄さんのほぼほぼ軽口でした。
そしてそれを冷たくあしらうレイラ役真綾さんと
その二人にアワアワする主役の自由くん。

いや、結果面白かったんで良かったんダスけど。
思い返せば、2章の舞台挨拶も松風さん無双で
あとはニコニコしてる日野さんと
極度の人見知りを発動してだんまりを決め込む松岡さんで
制作裏話ほとんどなかったんでしたわ・・・。

あ、本編はランスロットかっこよくて
ルルさんが可哀そう可愛くてよかったダス。

全5章って出たときに劇場中がどよめいたのが一番の見どころでした。





コレジャナイ〜コレジャナイ〜
「境界の彼方」未来編を見てきたけど
オラの求めてた伏線回収はそれじゃない〜




まとめとしては
「弥勒さんがとんでもない粘着系のストーカーだった」
ということしか、オラにはくみ取れなかった・・・

秋人さんの出生の秘密とか
あの思わせぶりな過去のイメージカットとかなんだったの・・・?

とりあえず、
未来ちゃんと秋人さんが愛を叫びあってたので
たまこさんもそうだったから、
劇場版で大声で告白するのは京アニの伝統芸なんダスかな?

・・・ということは
「Free!」では遙ちゃんが誰に愛を叫ぶのかなっ!?

いやはや、楽しみダスね!!
これで冬まで生き永らえるってなもんダスよ。






コレジャナイ〜コレジャナイ〜
「デュラララ×2 承 第4.5話」を
静かに見たかっただけなのに〜・・・


あ、これ内容云々ではなくて
静かに見たいから公開初日近辺を避けて
平日のレイトショーに見に行ったのに
まさかのギャル2人組が横に座って
めっちゃ五月蠅かったよっていう話ダス。

今はあんなゴリッゴリのギャルもアニメ見るんダスなぁ・・・
タピオカミルク片手にスマホを常時いじりながら見ていらっしゃいました・・・

他のアニメ映画の予告で
「あ、翔たんでるんだ〜」とか大騒ぎだったので
もうどんなファン層だかよくわからないダスよ。

とりあえず、チケットを買ったときに
受付のお姉さんが大きな声で『デュララララですね!!』って言ってくれたのが
いい思い出ダス。
お姉さん、ラ1個多い。
























posted by 元カッパさん店長 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。