2011年09月07日

TIGER&BUNNY #23を見て

すみませぬ・・・
またしても超タイミングをはずしたタイバニ感想という名の奇声。
未だジャンプの感想も書いてないというのに、
今回もちょっと心の声が溢れてしまったので
ここで漏らさせて下さいカッパ。

あ、いないとは思いますが、
ちゃんとした感想をお求めの方は他の素晴らしいサイト様の方へGO!!



殴り合ってもバニたんの記憶が戻らなかったので
「これでどうだーーっ!!」とドヤ顔でバニたんをビンタするおじさん

それに対して卑怯だ!!とプンスカして
全力でおじさんをボコるバニたん

何このご馳走。

おじさんが惨めであればあるほどワクワクしてしまう
どうしようもないオラ。




バニたんにパンチのラッシュを受けてボロボロのおじさんが
言葉責めのラッシュで反撃開始。

「俺たち2人の友情の痛みだ」

「なぁ・・・そんなに簡単に忘れちまえるもんだったのか・・・俺らが過ごした時間って・・・」

「出会い方は最悪だったよな・・・(中略)けど一緒に過ごす内に・・・
 お前のこと段々解っていって
 気付いたら隣にいるのが当たり前になってた」

「俺たち・・・沢山笑ったりしたよな」

「やめろよ・・・そんな顔俺に向けんなよ・・・」

「思い出してくれよ・・・俺とお前で最高のコンビだったじゃねぇか!!(涙)」


おじさん・・・正気ダスか!?

なんか悪いもんでも食べてやしませんか・・・?
もしくは来る前に一杯ひっかけてるか・・・

素面でこんな台詞がすらすら言えちゃうなんて・・・
おじさんったら見事に視聴者の期待を裏切らない。
ヒーローの鏡ダスよ。



そんなおじさんの誘惑にも屈せず
ブチ切れるバニたんに
涙目でビクつくおじさん・・・


オラの血圧を急上昇させて萌え殺す気か。



ブチ切れバニたんが物凄い高さからキックを決めようとしている
そんな絶望的な最中、

おじさんがポツリと漏らした
「これで終わりかよ・・・バニーちゃん」の一言に

「ボクはバニーじゃありません」と急にあっさり正気に戻るバニたん。


さっきのキックは何処行った。

よくあの勢いを殺せましたカッパね。
っていうか、よくあの勢いでおじさんの漏らした小声を聞き取れましたな。


流石バニたん。
記憶を失っても無意識におじさんの一挙手一投足に注意を払っていらっしゃる。


泣きながら抱きつくおじさん。
「よーしよしよし」とバニたんを抱きしめるおじさん。
「グシャグシャじゃないですか虎徹さん!!」

え・・・?どこが?

どこがグシャグシャダスって!?

ちょっとマベ!!なんでそこで画面を切り替える!!


バニたんがおじさんのグショグショな部分を
まさぐってるかもしれないのに!!

・・・あ、グショグショじゃなくてグシャグシャでしたね。
失敬失敬。
しょっとした言い間違いでニュアンスが大分変わるという
日本語の不思議、発見!!(←草野さん風で)



しかし、予想外にあっさり記憶の戻るバニたんに拍子抜けしてしまったんダスが、
あそこにヒーローの皆さんがいたら、
「それで戻っちゃうんか〜いっ!!」って
全員でひな壇からズッコケてくれますカッパよね。

マベの野郎!!
おいしいところで邪魔してくれおって!!




そして、前半の予想外のコミカルタッチから
急にシリアスになる後半。

なに、この温度差。
熱帯魚なら死んでますカッパよ。


ま、後半はなんといっても
ベンさん&斉藤さんのお花ちゃんコンビダスよね。
可愛いよ・・・おじさんズ可愛いよ・・・


いや〜来週がこれまた楽しみダス。

果たしてバニたんは
楓ちゃんに「お父さんをボクに下さい!!」って
ちゃんと言えるんだしょうか。
土下座で


いやはや楽しみだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by 元カッパさん店長 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ腐れ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

TIGER & BUNNY 第23話 『Misfortune never come singly.(不幸は単独では来ない)』
Excerpt: アッサリ×2。虎徹の必死の説得にまるで耳を貸さないバーナビー。余程強力に洗脳されたのか、或いは虎徹が大嫌いで余程思い出したくないのかという位完璧に忘れてる。よせ、バニー!!バニー呼ばわり..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2011-09-11 16:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。