2011年10月08日

お久しぶりのWJ43号感想

お久しぶりのWJ感想ダスが、
賞味期限ギリギリなのは相変わらずダス。

しかも、次号は土曜発売ダスから
ギリギリ賞味期限アウトなんダスけどね。

というわけで、今回も久々なのにあっさりめダス。




◇黒子のバスケ

アニメ化だそうで。
最近の出版不況でジャンプの選んだ道は
アニメ化による宣伝効果だと思うんダスが、
こう、猫も杓子もアニメ化されちゃうとありがたみが減るというか・・・
あとアニメ化してない作品や
アニメ化に至らない新連載に不利な流れになっていきやしませんかね?
おザンプ様よ・・・

でも、黒子のバスケはアニメ化したらヒットするかもダスよね。
主に大きなお姉様方に。
しかもプロダクションI.G.とな。
なんだしょう、この
安心出来るんだか出来ないんだかの微妙な博打感。


あ、アニメの話ばっかりで本編に触れてない。
え〜っと・・・え〜っと・・・
最後のページで
「あれ・・・?今読んでるのテニプリだったっけ?」と
ちょっと前後を確認してしまいましたカッパ。
「ゾーン」が出たあたりからその匂いはしてたんダスが・・・

因みに「ゾーン」って禁断の果実じゃないダスかね?
バスケ力のインフレを誘発しかねないっていう・・・





◇ナルト

Σ我愛羅様が金たま扱いされてるっ!?

あ・・・たまごか・・・
あぶないあぶない・・・





◇スケットダンス

「ヒロインがスピードワゴンの小沢みてーな声して!!」って
・・・え?今、その例え?

それにしても
照子やら校長の銅像に落書きやらで大爆笑してくれる
この学園の生徒たちの優しさったら半端ない。
みんなイイ子!!


では、恒例の腐ツッコミ。
安形会長が卒業式で寂しくなるのは
毎日愛らしい椿にゃんのお顔が拝めなくなるからダスか。
まぁ、違うといわれてもそれ以外の理由は認めませんけども。

あとついでにアニメの話。

銀魂とのコラボアニメであんなに辛酸をなめたというのに
また「バクマン。」アニメとコラボだと・・・
正気ダスか。
懲りてないダスねぇ・・・

あと、触れるの忘れてたんダスが、
公募で選ばれた、スケッチブックの女の子が大変可愛いと思います。
それぞれ、いい思い出になったことだしょう。←解散決めつけ。






◇針栖川

この漫画の高位置っぷりを見る度に
あぁ・・・ジャンプってやっぱりジャンプだよなぁ・・・
と訳のわからない安心感を覚えるのはオラだけダスか。






◇めだかボックス

なんとこちらもアニメ化だそうで。

この作品も一部に熱烈な支持を得そうダスね。
あ、でもめだかちゃんの胸の揺れと声優さん次第ダスかな。

それにしても、
安心院さんの挙げた歴代ジャンプの主人公に
何故「ボンボン坂高校演劇部」の
部長の名がないんダスか!!

未だにオラの敬愛する人物の一人なんダスが。部長さん。








◇トリコ

グルメ美容室とな。
あの状態でどうやって前髪切るんだしょうか。

とりあえずココさんが80年代風のトレンディな髪型から
リアルゲイっぽい髪型に戻ってよかったダス。





◇クロガネ

部長の中二な傷に大変好感を抱いております。
少年漫画たるものこれぐらいのわかりやすさがなくっちゃぁ。

ただ、懐いてない愛猫につけられた・・・とかだとガッカリなので
修行の旅の最中に熊と対峙した時についた傷とか
因縁の相手(しかも女子)と真剣で勝負した際についた傷とかぐらいの
中二クオリティは保って頂きたいダスね。

そして、奇しくも最後のページが黒子のバスケと被ってたんダスが
ヒロトさんもゾーンの扉をあけたんだしょうか。







◇リボーン

ディーノさんがせっかくツナさんを口説こうと
ホテルのディナーを予約したというのに
肝心のツナさんはディーノさんへの貢ぎ物として
ベルさんに攫われるという・・・

よもや公式で
ツナさんを取り合うディーノさんとザンザスさんが拝めるとは。
長生きってするもんダスね。
しみじみ。

しかもザンザスさん、和室に着流しなんて
ヤル気満々じゃないダスか。
なんのヤル気かなんて野暮なことは聞くんじゃねいやい!!

で、尾道さんは
「ろくでなし」を歌いながら鼻から豆飛ばすんダスかね。
え・・・あれグリーンピースじゃないダスの!?







◇銀魂

プーちゃんなマダオさんを食べる食べないって・・・
しかも全身タイツを着用させてまでって・・・
もうこんな低学年からそんなハードな性教育を?
あれ?これ保健体育の授業じゃないんダスか。

そういえば、アニメのOPとEDが
えらくシャレオツなのになってましたカッパねぇ。
因みにOPで銀さんの背中に過去の女性遍歴が走馬燈のように寄り添うカット、
なんであのメンツの中に新ちゃんが入ってないんダスか!?
異議を申し立てる!!

あ、でも、
あれだけのハードな遍歴を経て
今は新ちゃん一筋で落ち着いてますってことダスかな。
超ポジティブ。






◇バクマン

「明けましておめでとう」の一文だけで
『真城くん頑張ってるんだ・・・・・・・・・・』と察する小豆さん。
エスパー?

是非ともその超能力で
部屋にでかでかと真城さんの作品ポスターを貼っちゃうようなストーカーから
真城さんの貞操を守って下さい。






◇ぬらりひょんの孫

九相図でリクオさんの体の自由を奪った鏡斎さん。
それを一枚ずつ描くことによって
リクオさんが徐々にしどけない姿になってくんダスね。
うんうん。
九枚目で産まれたままの姿ダスかな。
鏡斎さんガンバ!!






◇マジコ

中二な兄が登場。
いいダスよね、あのラノベな感じ。
やはり少年漫画はこうでなくっちゃぁパート2。

で、最後に登場したのは泰葉さん?







◇べるぜバブ

てっきりハンコック様が登場したのかと。
ほら、オラ最近若い芸能人の顔の区別つかないダスから。






◇ハンター×ハンター

この芸が許されるのが冨樫先生の凄さダスよね。
でも、いぬまるで大石先生がこのネタに挑戦するのを
オラは密かに楽しみにしております。
まぁ、凄い怒られるでしょうけど。

最後の「十二支ん」とやらが
十二支をモチーフにしたコスプレ集団なんて
まさか・・・そんな安直なわけはないダスよね・・・


あ、アニメも始まりましたカッパね。
オラどうしても竹内順子さんの声がイメージ通り過ぎて
新しいゴンさんの声も決して悪くないんダスが、
違和感を感じてしまうんダスよねぇ。
あと、新生クラピカさんはどう考えても女子。

でもこのアニメによって
またハンター×2のジャンルが活性化するといいダスなぁ・・・
そしてオラはヒソカ×ゴン本を探すんダス・・・
時期的に色んな方向に超茨道。






◇エニグマ

キリさんがツンデレのどさくさでスミオさんに告白しましたが
考えなしのスミオさんに、普通に返されるという悲劇。

とりあえず、カニバルの人には
「シャーミン」というあだ名を付けて、激昂した隙をつく作戦ダスかね。
字が違いますけど。
それを気にする以前に、
昨今の若人が幸田シャーミンを知ってるかっていう。







◇スターズ

まさかの急落。
やはりこの漫画はジャンプでは駄目だったダスか・・・
もっとドロドロの醜い足の引っ張り合いや
人間不信になるような手ひどい裏切りとかが必要だったんダスかねぇ。





にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ


posted by 元カッパさん店長 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | WJ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。