2012年01月25日

勝訴

どうも、
書店でBL本を漁っていた時に
背後から「see you next time!!」て聞こえてきたので
おいおい、いい年扱いた大人がこんな所でタイバニごっこダスかいと
ちょっと呆れながら振り向いたら
本物の金髪碧眼の外人さんだってでござる・・・でお馴染みカッパダス。
オラの思考回路の方がどうかしてるってね。


で、何が勝訴かと言いますとね。
こちら。





ゴースト☆ウォーカー(1)
(冬水社・いち*ラキコミックス)



 ↑
一番左の方、
性別はどちらだと思いますカッパか。

コミックスは袋がかかっていて中身が確認出来ない状態。
あらすじからはどちらか判断付かず。
この方が男性か女性かで
ストーリーが大分変わるなぁ・・・という思惑で
とりあえず男性にかけてみましたカッパ。

タッタッタッタッ・・・・(向こうから駆け寄る足音)
バサッ!!(紙を広げる音)

勝訴!!

オラは勝ちましたカッパよ!! ←何に・・・?

いやね、オラ前々から漏れちゃってるとは思うんダスが
ただただ、男の子が頑張るお話が大好物でして。

これで左のお方が女子だった場合、
なんだか事件解決しつつ
真ん中と右とで三角関係とか繰り広げちゃうんだしょ?
オラ、そんなの邪魔だからいらない!!と思ってたので
男性で一安心。

しかも、
右のイケメンが左のカワイコちゃん(♂)にゾッコンラブという
想定外のなんともありがたいオマケ付きでしたカッパ。

ストーリーとしましては
とある事情で左右のお二人が除霊を大量にこなさないといけない状況の中、
真ん中の見るからに元気ッ子が霊を引き寄せやすい体質のために
その渦中に巻き込まれていく・・・
といった具合の友情を育みつつ、成長しつつな
冬水社お得意のジュブナイルな感じダス。

オラ、最近のオトメブームに乗った
恋愛を絡めつつのラインナップに飽き飽きしていたので
この古来からの冬水社の古式ゆかしい伝統をひきついだ
男子がただただ頑張る漫画、大歓迎。

ただ、これはオラの偏りに偏った嗜好なので
大概の方はちょっと物足りなく感じる内容やも・・・

元気な主人公が
そのポジティブさで周囲を少しずつ良い方向に変えていく
伝統的なスタイルがお好みのお方は是非に。


因みに、オラが最近楽しみにしている冬水社の漫画は
こちらもございます。


獣の王国(1)
 (冬水社・いち*ラキコミックス)


・少年が頑張る
・超ブラコン(双方とも)、
・ケモ耳
・主人公ハーレム
という、オラにとっては
何このおご馳走!?という内容の素敵な一冊ダスのよ。


あと、冬水社作品の中で
言わずとしれたこの有名な作品は
少年が頑張る漫画の超鉄板。


SILVER DIAMOND(1)
 (冬水社・いち*ラキコミックス)







で、因みにもう一冊買ったこちらの作品。

ひそひそ 1 (シルフコミックス 36-1)



オラ、この方のふんわりとしたBL作品が好きでして。
今作はBLではないのダスが
男子高校生と幼児のふれあい、
しかもイノセントとくりゃぁハズレはないだろうということで
即購入。

感想としましては
「夏目友人帳」な空気感の「flat」って感じ。




なぜだしょう・・・
たまに大地くんがあっくんに見える時が・・・

きっとオラが老いて
若人の顔の区別が付かなくなってるからダスかね。
最近のアイドルの見分け付かないし・・・

面白かったのは面白かったんダスが
もうちょっとパンチがあるといいなという感じダス。
ま、最後にかなりパンチがありそうなお兄さんが出てきたので
2巻に期待ダス。
お兄さん!頑張って光路くんを押し倒してっ!! ←え・・・そっち?


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へブログランキング・にほんブログ村へ


posted by 元カッパさん店長 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 邪読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。