2012年06月22日

『D×TOWN 「ボクらが恋愛できない理由」』第三話を見て。

もう、段々見るのが本気で辛くなってきた
『D×TOWN 「ボクらが恋愛できない理由」』第三話。

え〜、開始5分でのオラの反応。

もう、殺すなら殺せ!!




いやもう、あまりの甘酸っぱさがメーターを振り切って
錯乱気味のオラ。


なんたるラブトライアングル!!
あ、トライアングルじゃすまないけど正確な表現がわからない!!
ごめんなさいね!!


それにしても、
よもや親友様が彼女ちゃんのことを好きだったとは・・・
オラ思わず
「そっちかよ!!」 って
声に出してつっこんじゃいましたカッパよ・・・
オラの先週のワクワクっぷりが・・・
オラったらとんだピエロじゃないダスかい。


あと、今回改めて先輩女子の全身のお姿を拝見したんダスが、
エッロ!!
あの素晴らしいプロポーションに
あのぴったりとした体のラインを強調するお洋服、
そしてわざわざ潜り込んでからの下からの上目遣い、
エッロ!!
ありゃぁ、田舎の男子高校生なんてイチコロだわさ。


もう主人公はあの先輩にちょいとつままれてポイ捨てされて
ほろ苦い一夏の体験を経験するといいよ・・・
そんで彼女ちゃんは親友様と付き合うか
主人公のことは忘れて東京の大学に進学して
素敵な彼氏様を見つけるといいよ・・・

そんな投げやりな感想しか抱けなくなる
本気で追い込まれ気味のオラ。


もうね、あの王道を行くすれ違いラブストーリーに
妄想のつけ込む余地なんてないわ。


強いて言うならば、
親友様の俺も彼女ちゃんが好き発言は
あくまで素直になれない主人公に発破をかけるためのものであって、
本当は主人公のことが好きだけど
主人公の幸せを思って、自分を犠牲にしてまでちょっと強引な手段に出た・・・
ぐらいしか・・・

あの彼女ちゃんとのツーショットでも
「実は俺もあいつのことが好きで・・・」って始まって
心の清らかな彼女ちゃんは、最初は吃驚するけども
「そうなんだ・・・お互い辛いね?」と優しく受け止め
2人で主人公の悪口・・・でもやっぱり好き!!トークを繰り広げるんだと
オラ、信じてる!!


もっと言うならば、
ザンギャックの行動隊長が怪しげな催眠をゴーカイジャーにかけていて
ジョーさんが異世界の学生になった夢を見ているだけで
その内、マベさんがその夢世界を蹴破って青さんの目を覚まさせる説は
まだ諦めていないよ!?

その後の
「ところで・・・どんな夢見てたんだよ?」
「え・・・(赤面して激しく動揺)」
「お前・・・本気でどんな夢見てたんだ?あ?」
「い・・・言わない!!(プイッ)」
っていう2人の妄想までして余念がないよ!?


さて、残りの放送はあと一回。
もつか、オラのラブストーリー耐性。


とりあえず、最終話に向けて
大量のBL本を備えておきたいと思いますカッパ。


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 元カッパさん店長 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐れ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。