2014年02月10日

『Free! トークイベント』 夜の部に参加してまいりました。その二

オラ、単純なので
楽しみにしてくださってる方がいらっしゃるということで
俄然張り切っちゃいますカッパよ。


ただね、やる気はあるんダスがね
過度な期待はダメ絶対。
これ大事。

あと、大分時間が経っているのと
風邪で寝込んで頭のネジを何本か無くしてしまったので
記憶が曖昧なところがあり
多少、時間軸がねじれて事象が前後している可能性があります。

しつこいほど繰り返しますが
考えるな感じろ!の精神でお願いします。




では、予防線は十分に張り巡らしたので
Free!トークイベント夜の部のレポとも言えない雑記など。




初めに信長さん声で
「岩鳶高校水泳部、副部長の七瀬遙だ」から始まって
そのままハルちゃんで会場の諸注意。


そこから遙役の島崎信長で〜すと信長さんご自身が登場し
「渚〜!」と呼び込むと
「も〜ハル〜早すぎだよ〜」と達央さんが登場。


次に
「鮫柄高校から転校してきました松岡凛と言います。
 女みてぇな名前ですが男です」と宮野さん登場。


宮野さんの「次は、別に出てこなくてもいいぜ、渚」の呼びかけに
「ちょっと待ってよ〜!!」と駆け足で代永さん登場。


代永さんが「怜ちゃ〜ん!!」と呼び込むと
「すみません!!すぐ行きます」と平川さんが登場し
「お待たせしました、遙先輩!!」と。


もう、この時点で
ふ・・・ふふふ・・・Free!の5人がいるよ・・・?とおなか一杯のオラ。


そして平川さんが登場したときに
「くっそ・・・年のくせに可愛いな・・・!!」と力いっぱいつぶやく
オラの隣のミニマムホルダーのお嬢さん。


確かに、平川さん
大きめのチェックのジャケットに蝶ネクタイしてて可愛かったダス。
しかも癒しのオーラ半端なくて
彼の周りだけマイナスイオンに溢れてそうでした・・・。
あのイオン浴びたい・・・
そしたらオラもうちょっと真っ当になれそうな気がする・・・



そして、信長さんのフリに
5人で声を合わせて
「聞いたことないトーク、聞かせてやる!!」
で始まり始まり。




最初はプールサイドトークということで
要はフリートークみたいなもんですと信長さん。


自由に舞台上を歩き回っていいということで
プールのセットが設置してある前方客席サイドの
ちょっとした舞台のスペースに立つ5人。
そこで観客に向かってめっちゃ手を振る5人。
腕が引き千切れんばかりに振り返す観客サイド。


ここだとお客さん近いですねーとか言ってたら
このプール、本当に水入ってるんだよと
パシャッとプールのセットに達央さんが手を入れると
それに便乗して、水を掛け合う素振りでキャッキャウフフし始める宮野さん。


早速のご褒美ありがとうございます。


平川さんがプールの飛び込み台のところに
ちゃんと背泳ぎ用のバーがあるよと言うと
入ろうとする達央さん。
すかさず代永さんが
達央さんに得意なのは何と振ると
達央声のまま「バックです」と答え、
もう一回振られて
「バックだよ黒ハート」と真琴声で見事に応える達央さん。


その後、場所をプールサイドに移して自由に座る皆さんダスが
なぜか岩鳶の4人と自然と離れて座ってしまい
必然的に距離がある・・・と寂しそうに言う宮野さんに
立ち上がって近寄る信長さん。
「ほら!ハルちゃんが行ってくれたよ!」という代永さんに
「もう、優しいんだから!!」と謎の動きをする宮野さん。



そこから昼の部を振り返るということで
代永さんが踊りまくったという話題に
客席から「見たい!!」との要求があり
必然的に再びやらされることになる代永さん。


後悔してもしらないから!の捨て台詞の後に
ピンスポットを浴びた代永さんが
「僕は〜♪」とイワトビペンギンの歌と踊りを披露。
そこに「からの〜、皇帝ペンギン!!」という
宮野さんの急なフリに
焦って手を庇のように頭につける謎ポーズをする代永さん。
どうやら皇帝ペンギンの立派な髪形を模したそうで。


それに大笑いしながら
「こっちからは背中でよく見えなかったから
 今度はこっちを向いてもう一回やって!!」と
地獄のフリをする達央さん。


その要望に応え、見事にもう一度やりきってから
膝から崩れ落ちる代永さんに
平川さんが駆け寄って「ナイスファイト!!」といい笑顔。


もうなんだこの一連の可愛いやり取り。
まだ序盤なのに、オラの体力はもつんだろうか・・・


あとは後ろのフェンスで壁ドンならぬ網ドンをしたという話題で
またしても客席から見たーい!!の声援に
「ハル!!来いやぁ!!」と颯爽とフェンスに向かう宮野さんと
「はい!!」と毎度お馴染み素直に従う信長さん。


宮野さんが信長さんをフェンスに押し付けて
あの買い物回の名シーンを再現すると
会場からは声にならない悲鳴が・・・
と思ったら
フェンスが後方に倒れはじめ
そのままフェンスとともに綺麗に舞台後方に落下していくお二人。
会場からは本当の悲鳴。


とりあえずお二人は無事でしたが、
慌てて駆け寄って修繕するスタッフさんで
舞台後方は大わらわ。


「あれだけよっかかるなって言われたのに!!」と宮野さんに言われ
「ホントすいませんでしたぁぁぁぁ!!」と土下座する信長さん。
「お前どんだけされるがままなのwww」という達央さんと
必死に網支えてたよねと声をかけられた宮野さんは
「俺、初めて網ドン返ししたからね!!」と。


スタッフさん達の迅速な修繕によって
なんとかフェンスは元に戻るも、一部は歪んだままで
それを見た平川さんが
「スクールウォーズみたいだよね」とコメントするも
会場のお嬢さん方には響かなかったようで・・・


そっか・・・
もう通じないんダスね・・・と
密かに会場内とのジェネレーションギャップを嘆くオラ。




達央さんの
「岩鳶高校はもっと健全な学校なのに!!クローズみたいになってる」で
やっと会場内もそういうことか〜的な空気に。
本当にスクールウォーズ通じてなかったんダスね・・・


そのクローズというキーワードで速攻でメンチを切る宮野さんが
「クローズといえば達央だよね」とふり
「俺やってもねーし、出てもねーし!!」と達央さんは抵抗するも
またしても会場から「たっつんもやって〜」のご要望。
真琴はそんなことしないでしょという達央さんに
「じゃあ、普段の達央見せてもらっていいですか」と宮野さん。

そのフリを受け、ちゃんと正面を向いてガンを飛ばす達央さんに
宮野さん「ここで一言!」
達央さん「優しいだけだと思うなよ(超いい声)」
ふぁぁぁぁっハートたち(複数ハート)!!となる会場の空気に割って入る
宮野さんの「惚れてまうやろぉぉぉ!!」で一転、大爆笑。


その後、観客の「怜ちゃんの壁ドンも見たい!」という要望が
代永さんの「何?怜ちゃんのクローズが見たいって?」のフリで
何故か皆がクローズをやる流れに。


渋々飛び込み台に足をかけてガンを飛ばすも
何故か歌舞伎のようと評される平川さん。


観客のハルちゃんも〜の要望に
「よ!やってやれよ!!ジュノンボーイ!!」と
ジュノンボーイ弄られをした信長さんも
片足を飛び込み台にかけようとするも蹴躓き
一番若いのに!と更に弄られる始末。

気を取り直してポーズをとり
信長さん「俺にかかればフェンスなんてバッキバキだ!!」
達央さん「大道具さんに謝れ」
信長さん「すいませんでしたぁぁぁぁっ!!」
という毎度お馴染みな感じの一連の流れの後、
代永さんのターン。


代永さんは悩んだ末に飛び込み台にヤンキー座りをすると
宮野さんから「どうしたの?お腹痛いのかな?」
それに被せるように達央さんが「うんこ?」
「午後だからって何言ってもいいわけじゃないんだよ!!」と怒る代永さんに
更に「ね、うんこ?」と攻める達央さん。

しかもその代永さんのヤンキー座りは
観客からも可愛い可愛いと声援を受け
宮野さんが「失敗してるよ!可愛いって言われちゃってるよ!」と囃すと
会場へ向けた代永さんの一言。
「ばーーか!!」
宮野「小学生か!!」
それすらも会場からは可愛いの大合唱でした。


れっきとした成人男子のはずなのに、凄いな・・・
とオラが感心したところでこのコーナーは終了。




なんだかまたしても長くなってしまったので
続きは次回。

毎度読みにくい上に
一回ですまなくてすみません・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




















posted by 元カッパさん店長 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。