2016年09月23日

やっとこさ刀ステはいいぞの話

どうも、
ジュウオウジャーにゴーカイ一家が登場祭りに
参加しようと思ったら
もう一週どころか二週も過ぎて
また出遅れちゃったでお馴染みのカッパダス。


とりあえず、イノセントキャラにはマベさんはよくデレますな。

あとはナイスミドルに弱いので
真理夫おじさまが登場してたらきっと受マベモードが発動したに違いない。




それはさておき、
もうオリコンのランキングでも1位を獲得されたり
再演やキャス変の発表で大盛り上がりしている最中、
果たしてオラがここでプレゼンをする意味はあるのか・・・
とは思いますが、
オラの自己満足のために続けます。


はい、こちら。

全くご存知ない方に軽くご説明しますと、
オラが現在血反吐を吐きながらイベントに参加している
「刀剣乱舞」というオンラインゲームがございまして。

その世界観を実写化した舞台がこちらの
「舞台 刀剣乱舞ー虚伝 燃ゆる本能寺ー」ダス。



オラは5月に北千住のシアター1010で拝見しまして

き・・・北千住に刀剣男子は実在した・・・・・・

というのが、一番の感想なんダスけど。



あと、冒頭で皆さん急に歌いだして
心の準備をしていなかったオラは
あれ・・・オラは刀ステでなくて刀ミュを観に来たんだっけか・・・?
と、本気でちょっと戸惑いました。




おススメのポイントとしましては、




1.驚きの刀剣男士キャラ再現率

もう皆さん、本当ゲームから抜け出してきたようで。

特に三日月宗近を演じる鈴木さんの声帯には
声優の鳥海さんがお住まいで・・・?って。

声を寄せているのは勿論なんダスけど
言い回しとか声の抑揚とか言葉尻をよくゲームから観察されてらっしゃる。
立ち振る舞いも本当に三日月さんが動いてる!!という見事な役作りで、
さすが色んな舞台に出演経験豊富な方なんだなぁと。

宗三左文字を演じる佐々木さんの声帯にも秦さんがお住まいのようでした。

キャラクターの外見も
衣装さんが大変こだわってるのをインタビューで拝見したんダスが
本当に細かなところまでキャラクターそのもので、
普段は二次元で平面の男士しか会えないのが
立体的で活動的でいろんな表情を見せて下さる男子を拝見できただけで
オラ既に感無量。



2.キャラクター性を感じる殺陣

今ではアニメ化も発表されましたが、
当時は静止画しかない状況で
動く男士は刀剣乱舞のミュージカル(トライアル版)しかない状況でして。

それが舞台でそれぞれの男士が
大変スピーディーな殺陣を披露された際に、
見たことはないはずなのに
あぁ、この男士はこの動き方だよなぁと自然に納得させられる
キャラクターごとに特徴を捉えた殺陣なんダスよね。



3.登場キャラそれぞれの苦悩

タイトル通り、「本能寺の変」を中心にしたストーリーなんダスが
織田信長に関わった刀剣男士それぞれの信長への想い、
森蘭丸と明智光秀、それぞれの信長への想い、
近侍を務めることとなり、己を見つめなおす山姥切国広、と
色んなキャラがそれぞれ思い悩んだり、
各々の立場からすれ違ってしまったりする姿に
ぐっと物語に引き込まれてしまうこと請け合い。
そしてそれをおおらかに見守る他の刀剣男士がこれまた素敵でしてなぁ。
お腹いっぱい。



4.噂の日替わり軍議

シリアスなストーリーの中にも
コメディタッチな部分もありまして。
それが噂になった日替わり軍議なんですけども。

物語の展開上で刀剣男士たちが本丸で軍議を開く際に
各公演ごとに違った手作りおやつを持って
燭台切さんが颯爽と登場するんダスが
まずそれだけでも面白いのに、
先頭を切って悪乗りする鶴丸さん
主に色んな被害にあう長谷部さん
その火に油を注ぐ三日月さん
更にガソリンをぶち込む一期さん
ずっと笑いをこらえる可愛いまんばちゃんと見どころ満載で
重厚な物語にぐっと息をつめていたところに
肩の力を抜いて、ほっと一息が付ける一幕になっております。

・・・そうだったはずなんダスが
毎回異なるお茶請けとそれに応じて異なる趣向を凝らしたこの軍議が
舞台の円盤化と共に特典映像で一纏めに収録されまして。

ワクワクしながら拝見したんダスが
結果、肩の力を抜くどころか、笑い過ぎてとても疲れました。
まとめて見るとかなりの破壊力。


因みに、少しでもお役に立つべく
円盤に収録されていない、オラの持っている情報としましては
軍議のおやつが「食パン」だった際に
物語ラストの小夜ちゃんの復讐のくだりは
光忠さんが再度持ってきたおやつが「パンの耳カリカリ」で
それを使ってどう復讐するのという疑問に
お小夜ちゃんは『パンの耳カリカリで耳をカリカリする・・・』という
とても可愛らしい復讐方法を教えてくれました。





この軍議の他にも
戯れる男子たちがとても眼福ごちそう様なバックステージ映像や
全景映像など豪華な特典映像が盛り沢山に収録されていて
これは購入してよかったなぁと
満足すること請け合い。
お値段分は充分回収できるかと。

オラとしては特に
全景映像は舞台拝見時に殺陣がスピーディーに展開しすぎて
「目が足りない・・・」と思ったので
とてもありがたかったダスね。


少しでもご興味を持たれた方は
お手に取ってみてはいかがだしょうか。

寧ろゲームを知らずにこの舞台を先に見て
それからゲームを始めてもよろしいかと。




と、尤もらしいプレゼンはここまでダス。



以下はオラの気持ち悪い感想なので
心臓の弱い方はお気を付けください。

では。






5.まんばちゃんが天使。

何を言ってるかとお思いでしょうが、
本当に天使のようなんだからしょうがない。
これが実在する成人男子だって信じられませんよ、オラは。


余談ダスが、
オラは若手俳優さん界隈に詳しくなくて
俳優さんが同行するファンに向けたバスツアーがあるということは
なんとなく存じ上げていたんダスが
俳優さんがファンの宿泊するお部屋に
ご挨拶にまわることがあるということを初めて知りまして。

え・・・?大丈夫!?
こういうことになっちゃわないの!?


とうっかり思ってしまった
妄想と現実の区別がつかないオラだよ。
うん・・・
投石は甘んじて受け入れよう・・・。



6.小夜ちゃんが妖精。

何を言って
ー以下ほぼ同じような頭の悪いことしか言っていないため、割愛ー



7.宗三さんが生足魅惑のマーメイド。

何を言って
ー以下ほぼ同じような頭の悪い且つ、気持ち悪いことしか言っていないため、割愛ー





8.観劇の翌日、みかんば本を買いにと○のあなに走りました

お察しください。



9.観劇の翌日、薬宗本を買いにとら○あなに走りました

お察しくださいアゲイン。

余談ダスが、購入した本で号泣しました。
本当にびっくりするほどの余談だね!!




あと、こんなのも出てるんダスけど





ビジュアルブックはまぁ見応えがあるとしてパラパラブックは・・・
率直に申し上げると物凄くお金のかかったパラパラ漫画なので
とても熱心なファンの方以外にはあまりお勧めできないダスかね・・・
オラは購入してちょっと後悔しました・・・
完全なる出オチ商品ダスよこれは・・・


















posted by 元カッパさん店長 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。