2013年02月11日

ゴーバスターズ最終回を見て。

シビアな展開が続き
最終回がどうなるのかハラハラしていた
ゴーバスターズの最終回。

予想以上にシビアだよ。

よもや本当に陣さんが消滅するとは・・・

陣さんだけは助かるんじゃ・・・なんて
小林靖子脚本の前ではスッウィ〜トな考えだったよ。

これちみっこはどう受け取ったんだしょうか・・・
ちょっと聡い子なら軽いトラウマもんだよ・・・

それにしても。
なんて切ない最終回なんダスか。


冒頭の陣さんの本体を見つめる
切ない樹液さんで泣きそうダスよ〜〜。

格納庫に集った後の
皆を説得する陣さんの熱い演技で泣きそうダスよ〜〜。

あぁ・・・陣さん役の方の演技が上達してる・・・と
別の意味でも泣きそうダスよ〜〜。

あのクールなヒロムさんが
陣さんの胸に飛び込んだ時点で泣きそうダスよ〜〜。

データを転送している陣さんを守ろうと
必死に頑張るスタッグバスターに泣きそうダスよ〜〜。

本体が消えた時の陣さんの呟きで泣きそうダスよ〜〜。

全ての戦いが終わって、皆の変身が解ける際に
ビートバスターがホロホロ消えていくシーンで
半泣きだけどグッと我慢だよ〜〜。

黒リンが陣さんの幻を見た時点で
一番泣きそうだったけどぐっと我慢したよ〜〜。

樹液さんが森の管理人になってた時点で和みそうになって
胸にかけた陣さんのジェンガを見つめてるのに
とうとう我慢出来なくて泣いちまったダスよ〜〜。

この後の消滅した陣さんのことを想いながら
現実世界で過ごす樹液さんを想像するだけで泣けてくるよ〜〜。


そして、
ゴーバスの妄想ポイントはここだったか〜〜!!
最終回にして気付くとは〜〜!!
オラとしたことが。
失って初めて気付くことってあるんダスね・・・



それにしても
エンターさん強すぎやしませんか。


エンター役の方の熱演は素晴らしかったんダスが
エンターさんがお強いせいで
戦闘シーンが長すぎやしませんか。


戦闘シーンが50分を過ぎたあたりで
え・・・ちょっと時間足り無いんじゃ・・・と嫌な予感はしてたんダスが
その後の描写が懸念した通りかなりの駆け足・・・

もうちょっと余韻とか・・・



そんな困惑の中
恒例のレッド引き継ぎシーン。


まさかの先輩に襲いかかる
キョウリュウジャー。

余韻とか・・・

うん・・・シリアス展開はここで終わり、
次シリーズは楽しそうなことだけはなんとなくわかりました。



というわけで
とても切ないエンドでしたが
そして、妄想チャンスもあまりありませんでしたが←コラッ!!
それでもこの1年間楽しませていただきました。

キャスト、スタッフの皆さん
お疲れ様、そしてありがとうございましたカッパ。


とりあえずオラは
gロッソで陣さんの勇姿を目に焼き付けてくるよ!!


あと、
キョウリュウジャーは久々の
男4:女1構成の戦隊ダスので
来週から妄想頑張るゾ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by 元カッパさん店長 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』観て参りました。

タイトル通り
『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』
観て参りました。

というかとっくのとうに観に行って
いち早くこの興奮をお伝えしたかったんダスが
なんだか最近眠くって・・・
オラ起きていられない・・・
もう永眠が近いの・・・?と震えていたら
なんてこったい、もう明日がゴーバスの最終回ダスよ。

というわけで、
駆け足でこの映画の興奮を。
因みに、もうすでにBDとDVDの予約始まってました。



特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE コレクターズパック [Blu-ray]



オラ、この映画はちっちゃいお友達向けとちゃんとわかっているので
迷惑を掛けないようにレイトショーを観に行こうと思ってたんダスが
生憎オラの地元のやる気のない映画館が
午前中にしか上映してなかったので
一番ご迷惑をお掛けしないと思われる早朝朝一、しかも平日という
まともな大人は決してこないであろう時間帯に観に行くことを決意。

結果、
早く着きすぎて映画館がまだ開いていませんでした・・・

誰が年寄りだから早起きダスか!!
この野郎!!


オラが着席した時は
まだお子さんは1名しかいらっしゃらず、
「いけごーばーすたーず!!」と熱唱する
微笑ましいお子さんでした。
もうちみっこは宝ダスね。
未来の年金制度を支える宝ダスね。

誰が年寄り発言だこの野郎!!


とりあえず、ちみっこを怯えさせず
その場の空気は乱していないことを確認して
安心して鑑賞。



感想としては、
お祭り映画として最高。


いやね、
大いなる力返したはずなのになんでレンジャーキー使えるんだとか
江戸時代にレッツモーフィンってどうやって転送したんだとか
鎧さん人面疽モード使えるんなら
どうして江戸にいた時点で使わなかったんだよとか
ゴーカイガレオン過去から持って来ちゃったら
歴史狂っちゃうんじゃないかとか
マベさんとジョーさんの絡みが全くないじゃないかとか
ツッコミ始めたらキリがないんダスが
まぁ、そこはお祭りだから!!

最後のツッコミはツッコミじゃなくて願望だよとか
まぁ、そこはお祭りだから!!

あ、ごまかしきれてないダスか。
めんごめんご〜。




では、ネタばれ含むオラ的見所。


・冒頭、毎度お馴染み悪役として登場ゴーカイ一家。
 

しかも衣装も黒を基調とした悪バージョン。
特に目を見張るアイムさんのおべべ。
アバズレ感が半端ねぇ!!
って口が過ぎますぞ、オラ。
でも本当にアイムさんの衣装がエロいわ、悪そうだわ、エロいわで。

表情も一家の皆さん悪っぽいお顔で登場するんダスが
アイムさん、腹黒感も半端ねぇ!!

素が、素が出ちゃってますよ!!アイムさん!!と
思わず「志村後ろ〜!!」の感じでつっこみそうになるオラ。




・そして相変わらず一家からハブられる鎧さん。

しかも思惑まで一切知らされてないっていうね。
安定の鎧さん。
まだ仲間認定されてないんダスかね。





・久しぶりだからか鳥の声が若干綺麗なゆかりん寄り。

そんな気がしたんダスが、オラだけダスか。




・スペシャルなはずなのにどこかちゃっちい幻のレンジャーキー。

なんていうか、夜祭りで売ってそうなバッタもんみたい。
そして更にちゃっちいレンジャーキーを起動する装置。




・ペアで時空の狭間に飛ばされるゴーバス&ゴーカイ勢。

それぞれコスプレしたりなんだりして
結構仲良く楽しく過ごすのに
一人だけ結構な勢いでボコられるリュウさん。
まぁ、一緒に飛ばされたのがジョーさん&ルカさんのクールコンビダスからね。
彼らの辞書には「騙すなら本気で」って書いてありますからね。
そこに辞書から「躊躇」って単語が削除されてるアイムさんがいたら
多分容赦なく瀕死にされてただしょうから
ある意味運が良かったダスね、リュウさん。




・ヒロムさんとマベさんの見応えある生身のアクション。

特に中の人が動ける人なマベさんは未だ衰えぬ側宙も健在。
動きにくそうなお帽子と衣装なのに流石ダスね。




・今回は受マベモードは発動されずに
 終始兄貴ポジションで頑張るマベさん。
 

でも、ヒロムくんがクールなので
特にそういう絡みもなく、本当にいい兄貴ポジション。

Σくそう!!
あ、すみません。心の声が漏れちゃいました。





・そんなオラの荒む心を宥める萌えポイントは
 バディロイドとの絆のシーンをアフレコした際に
 自分はその場面に出演してないのにうっかりウルッとしたとこを
 後輩であるヒロム役の鈴木さんに冷やかされる
 陣さん役の松本さん。

あ、これオラの妄想じゃなくて本当のことダスよ。
(雑誌で本人達談)




・心躍るゴーバス&ゴーカイによる共闘シーン。

ただ、ゴーバスの皆さんが歩きながらサングラスつけて
一同揃って立ち止まり、戦闘態勢に入ったら
速攻サングラスを投げ捨ててたのにちょっと笑いました。
たった数メートルのためのサングラス。
なんの意味が。






・お披露目を兼ねての次回戦隊キョウリュウジャー登場。

オラは千葉繁さんと乾電池のイメージしか残りませんでした・・・
いや、その二つが強烈すぎて・・・





・まさかのメカによるゴーカイチェンジ。

しかもサービスで陣さんがあの台詞を・・・
もう特撮ファン的にはありがとうとしか。




・そしてEDでゴーカイ一家もまさかのダンス。

本編で壮大なツンをかまして最後怒濤のデレを披露した後に
更なるご褒美が。
笑顔で踊るゴーカイ一家は「え・・・?誰・・・?」的な違和感ダスが
それはまぁお祭りダスから。
そんな中、唯一違和感なくダンスし、バク転までかます鎧さん。
陣さんを差し置いて一番ダンスがキレッキレでした。





・他にも色々と盛りだくさんなED

色んな時代に飛ばされた時の
それぞれの小さいエピソードが見られて大興奮。

特にリュウさんとジョーさんルカさんコンビのやり取りが可愛いよ!!
これは早くお家でコマ送りでゆっくり見たい!!
崖から落ちる素のエンターさんも可愛いよ!!

そしてゴーバス勢が京都でコスプレ。
まさかの司令室メンバーもコスプレしてるんダスが
ヒロムさんとリュウさんと森下さんが地味すぎて
誰が何のコスプレをしてるのかパンフで確認するまでわからなかったよ!!
ただ、
仲村さんの静御前は物凄く可愛いよ!!
必見。




そんな感じで終始楽しい映画でした。
ゴーバス本編のEDでネタバレしちゃってますが
まさかのあの人(?)達も登場して
特撮ファン的にはもうご馳走。


鑑賞後、ふう・・・と満足して立ち上がり
帰ろうと出口に向かって振り向くと
そこには大量のちみっこ達が。


ごめん!!
こんな老いた大きなお友達が観に来てて。

しかもオラが気付かなかった位、みんな静かに鑑賞しててイイ子!!
ハンター×ハンターの時のうんこ中学生よりも
ずっと賢いイイ子!!

そのまま育ってあんな風に育つんじゃないよ!!と
心の中で語りかける
気持ちの悪い大人代表のオラ。


そんな駄目な大人はパンフレットを所望したんダスが
劇場のどこにもゴーバスグッズのゴの時も見あたらず。


今回はパンフ販売ないのかとオロオロしていたオラの前に
颯爽と現れた眼鏡のお姉さんが劇場窓口で一言。
「ゴーバスターズのパンフレットはないんですか?」
気怠げに棚の下から取り出す店員。

いくら田舎でもやる気がなさ過ぎるわ!!
オラの地元の映画館!!


お姉さんの後に続け!!と並ぶ親御さん達と
その列に紛れて購入するオラ。
眼鏡のお姉さん、その節は本当にありがとうございました。
貴女のお陰で無事にパンフレットを入手し
舐めるように読み込めました!!

インタビューも結構多くて
読み応えのある素敵なパンフレットでした。




何はともあれ、
ゴーカイファンもゴーバスファンもきっと納得の
楽しい映画でしたカッパ。

VSシリーズって
現行のヒーローがメインとなるので
前作のヒーローの扱いが結構薄っぺらなイメージだったんダスが
ゴーカイ勢はヒーロー大戦の時のように
「え・・・?誰・・・?」的な性格改変は行われず
懐かしい面々がそのまま帰って来てゴーバス勢とも違和感なく絡み
ゴーバス勢はゴーバスとしてのしっかりとしたテーマと見せ場があって
双方にバランスの良いストーリーだったと思いますカッパ。


これであとは
マベジョー夫婦の仲良しシーンが見られれば最高だったんダスが・・・
無念。


そこはまぁ、
BDを購入してコマ送りで舐めるように探したいと思います。




というわけで、
劇場で未見の方は是非ともBDなりDVDなりの
購入を強くオススメ致しますカッパ。


そして、このブログを書いた時点では
もうあと数時間後に迫っていますが
ゴーバスの最終回が楽しみダスね。

まぁ、多分萌はないんだろうけども。
(当たり前だよ)


ブログランキング・にほんブログ村へ





posted by 元カッパさん店長 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメイタム』観て参りました

どうも。

電車内で

「『悪夢ちゃん』はダメだ。
Gacktに優香って旬じゃないヤツばっかで
どの層をターゲットにしてんだよなぁ?
キムタクのは面白い。」

と言っていた男子高校生と
膝を突き合わせて語り合いたいと思いましたカッパです。

見るべき所はそこじゃねぇよ!!って。
北川景子ちゃんペロペロ、幼女さん達ペロペロって
楽しむ番組だろうよっ!!
・・・え?それも違うんダスか・・・?
困惑。



あと、女子高生さん達の会話で
赤い殿様の名前がナチュラルに出てくるのに
胸が熱くなりました。


そうそう、その赤殿様主演の恋愛映画で
劇場から女子高生の群れが出てくるのにびびりました。
え・・・?この映画、女子高生しか見ちゃいけないの?というくらい
女子高生まみれでして。

え?そんな環境で老いたオラも観たのかって?
勿論違いますわな。
えぇ、老いたオラはそのキラキラしい女子高生の波に逆らって
「仮面ライダー×仮面ライダー 
 ウィザード&フォーゼMOVIE大戦アルティメイタム」を
孤独に一人で観て参りましたよ・・・
レイトショーで・・・
帰り道の寒くて暗いことったら。


あ、でもこの映画は本当に楽しかったので
まだご覧になってない特撮好きと巨乳好きは
是非ご覧になっていただきたい!!
特にフォーゼがお好きな方。

まだ見てない方の背中を押すべく
オラ的見所など。
あ、ウィザード本編でのCMで流れている程度のネタバレはあります。
本気でネタばれお嫌な方はご注意下さいカッパ。


今年もフォーゼサイド、ウィザードサイドと分かれていて
最後に双方合わせた、MOVIE大戦という構成。


まず、フォーゼサイドの見所。

・仮面ライダー部の皆が成長して
 それぞれの分野で活躍している姿が見られただけでまず満足。

・弦ちゃんは高校教師。
 その生徒に須賀健太君が。
 もう高校生役をやる位大きくなったんね〜と
 近所のおっさんおばさん的暖かな眼差し。
 いやはや、よそ様のお子様の成長って本当に早いダスね。

・ライダー部の後継者である生徒役のお嬢さんが
 ヒルナンデスに出てるお嬢さん。
 最近のライダーはヒルナンデス出身が多いダスねぇ・・・って
 まだ二人しか出てないダスけど。

・それ以前に、あんな大事件があったのに
 あの高校まだ存続してたということに吃驚。
 そして、まさかのあのお方が校長にで更に吃驚。

・キックボクシング先生(元ハリケンブルー)も出てきてオラ歓喜。
 しかも結構アクションもあるよ。

・MOVIE大戦って前ライダーの生身戦闘が多めなのも
 オラは楽しみにしてるんダスが、
 今回は変身前の生身アクションがかなり多め。

・弦ちゃんの俳優さんはとても動けるお方なので
 結構激しいアクションをされていて大変興奮。

・流星さんはあまりの格好良さに
 最初流星さんって判らないレベル。

・他のライダー部の皆さんも
 戦闘シーンでそれぞれ見所がちゃんと用意されていて
 大変満足。

・しかもとても心躍る共闘シーン。

・何より、賢吾さんの私服姿が大変ダサ可愛い。
 オラ、そこが一番興奮。
 しかも、病弱設定なくなったのでアクションシーンまであるよ!!
 大事なはずのアレを結構な使い方してるよ!!
 しかも、大事なアレは最終的に大変な使われ方をされるよ!!

・まさか、あの方とあの方の関係がそこまで進んでいるなんて・・・

・これで本妻はひとまず安心。

・と思わせておいて、
 弦ちゃんまさかの本妻の目の前で公然と浮気。

・ユウキさんだけただ単に紅引いただけで
 何故か成長してるように見えない・・・
 あのとってつけたようなお色気描写は本当になんなんダスか・・・

・これ見よがしに唐突に存在している溶鉱炉に
 誰が落ちるのかとワクワクしていたら
 よもやあんな展開になろうとは。

・途中「イナズマン」が登場するんダスが、
 オラ、特に思い入れがないのでちょっと笑ってしまった・・・
 あれ、超能力使えるせいで阻害されるより
 あのフォルムでクラスの笑いものになる気がするのはオラだけ?
 心根の腐ったクラスメイトだったら
 「おい、変態に変態するのかよww」とか言うヤツいそう。

・なんだかんだで心に深く刻み込まれた
 揺れるおっぱいと
 制服越しの腹チラ。
 



さて、ウィザードサイドの見所。


・予告通りポワトリンが登場するよ!!

・あれ、ポワトリンなのに顎がしゃくれてないよ!?

・ポワトリンのお嬢さんが新体操をやってらしたそうで
 吹き替えなしで結構な動きをして吃驚だよ。

・勿論、晴人くんはバリバリ吹き替えだよ。
 たまに「あれ?誰?」ってなるよ。

・凜子ちゃんのアクションシーンもあるよ。
 でも瞬平君は通常運転だよ。

・ポワトリンの謎の台詞、
 「え?何?ヒルナンデス繋がりで?」と疑問に思っていたら
 よもやあんなオチがまっていようとは。
 ちみっこ4人組は顔が出た時点ですぐに勘づいたけど、
 あのオチは本気で想定外。



で、MOVIE大戦サイドの見所。

・前作のライダー達が出てきて胸が熱くなったところに
 アクセルさんの扱い。
 思わず声に出して笑ってしまったよ、オラ。

・閣下のアフレコが素晴らしいよ。
 なんの違和感もなくて、
 むしろキャラクターにぴったり。

・装甲車が出張りすぎて
 うっかりセガールを探してしまったオラ。
 いや、違和感なくセガールがいそうな雰囲気だったんで。

・最後、とってつけたような雑な感じで
 ビーストさんがお披露目だよ。



といった感じダス。

MOVIE大戦で二つの世界がうまく融合されて
不自然な展開もなく、
「?」と思った謎もちゃんと回収されていて
よくまとまっていたと思いますカッパ。


ちょっとオラの主観でフォーゼの方に重きを置いてしまいましたが、
何せ、フォーゼは皆のその後が見たいな・・・という欲求に
全力で応えてくれたファンディスクのようなお話でしたので
ライダー部がお好きな方は
是非ともお時間を作って観て欲しいダス。



あと、作品が終わった後
「ゴーバスVSゴーカイ」のCMで心躍った直後
「ヒーロー大戦2」の特報で冷水をぶっかけられた気分に。

あの惨劇がまた繰り広げられるのか・・・と
ちょっと辛い気持ちになりましたカッパ・・・
まだ懲りてないのダスね。

どうか、シナリオがしっかりしてますように。(祈)
もうゴーカイの萌え補正がないので
耐えられる気がしない・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 元カッパさん店長 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。