2012年04月27日

「スーパーヒーロー大戦」観て参りました

劇場のスタッフさんに嘲られながら買った前売りで観て参りました
「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」。
ちなみに今日は、「おおかみこどもの雨と雪」の前売りを
半笑いで「どっちのキーホルダーがいいですか?」と問われながら
購入してきました。
被害妄想ダスか。


え〜オラは「崖の上のポニョ」でちみっこ大暴れの地獄絵図に遭遇して以来
こういった映画は公開されてちょっと経ってから
平日に観に行くことにしてるんダスがね。

今回は1人のちみっこが大暴れでしたカッパ・・・
いや、いいんダスけどね・・・
本来はちみっこのものだから・・・

ただ、
上映前の予告でもうすでに飽き始めているちみっこに
大変嫌な予感を抱くオラ。

予想通り、開始15分で飽き始めたちみっこは
散々騒いだ挙げ句、入退場を繰り返し
最後は半分も観ずにお帰りになられてました・・・
お金勿体ない・・・

でも、そのちみっこの気持ちも解らないではないんダスよね。

だって、
ちみっこにはちょっと難しく
大人には「・・・え?」っていうストーリーだったんダスもの・・・


大まかなストーリーとしては
ライダー側はディケイドの士さんを首領に
戦隊側はゴーカイジャーのマーベラスさんを首領に据えて
お互いにライダーとヒーローでつぶし合うのだが
2人の真の目的とは・・・って感じなんダスがね。


はい、以下ネタバレダスので
お嫌な方は廻れ右して下さい。

あと、オラのかなり偏った腐妄想込みのツッコミダスので
それがお嫌な方も廻れ右して下さいカッパ。






それではいきます。


え?結局2人とも言葉足りなさすぎじゃね?

いやね、大ショッカー勢とザンギャック勢が
何やら悪巧みしてる風なので
士さんは大ショッカー側を、マベちゃんはザンギャック側を
首領となって率先してまとめ上げることで
その悪巧みをいち早く明らかにして阻止しようという
大変お約束な作戦だったんダスがね。

なにも仲間に嘘ついて裏切らなくったって
ちょっと一言言って軽い芝居を打って貰ってから
消滅させるていでの異空間へのご退場をしてもらえれば
話はもっと早かったのでは・・・?
っていう。


お陰でマベさんの真意がわからない
恋女房のジョーさんが大変ご乱心。


そのご乱心っぷりたるや
え・・・どなた?レベル。
(パンフレットによるとジョー役の山田さんも
そのキャラクターのギャップに演技として悩んだ模様)

本編でのクールさはどこかに落としてきてしまった模様ダス。

なんていうか、今回のジョーさん
暴走乙女。

今回の映画のヒロイン役は
オーズの比奈ちゃんが努めてたんダスがね
その比奈ちゃんが霞むほどのジョーさんのヒロイン力。

そして、ストーリーのメインを努めるのは
ゴーバスでもフォーゼでもなく
実はマベさんと士さんだったんダスがね、
それでも、
この映画の真の楽しみ方は
大画面で終始オロオロするジョーさんを
ニヤニヤしながら愛でるのが正解。



ジョーさんの大活躍っぷりたら半端ない。

冒頭でマベちゃんに裏切られ、失意のジョーさんは
途中で合流したディエンドの海東さんの制止をふりきって
破れかぶれで大ショッカー側に特攻。
結果、速攻でピンチに陥るんダスが
わざわざマベちゃんが助けに来てくれました。

マベさんったら、作戦を執行しているから忙しいはずなのに
わざわざ助けにこざるを得ないほどの
ジョーさんのヒロインっぷり。
ヒーローの足を引っ張ることこそ
正しいヒロインのあり方ダスよね。



その他のジョーさんのヒロインっぷり抜粋。
(ちょっとオラの低スペックなカッパ脳のせいであやふやなので順不同)


・大好きなマベさんに裏切られたショックで食事も喉を通らないジョーさん。

・途中で知り合ったほぼ初対面の海東さんと比奈ちゃんに
 マベさんショックの盛大な八つ当たりをかますジョーさん。
 傍若無人な行動はヒロインの特権。

・大好きなマベさんに「俺がお前らに嘘付いたことあるか?」とドヤ顔できかれ
 ついつい信じて、急にそれまで仲良くしてた海東さんに斬りかかるジョーさん。

・結局、海東さんにとどめを刺せず
 「優しいお前にそんなことは出来ないと思ってた」的な台詞で
 流れるように自然に海東さんに口説かれているジョーさん。

・あのマベさんの口から「お前(ら)のことは仲間だと思ったことはない・・・」との
 超お約束な台詞を吐かせることに成功し
 尚かつ物凄くショックを受けるという正しいヒロインの作法に則るジョーさん。
 そんなにショックを受けなくても大丈夫ダスって、どうせ仲間じゃなくて
 性的な目で見てたんだしょ!?←違うわ。



とまぁ、数々のヒロイン技を炸裂させる乙女ジョーさんなんダスがね
そのあまりの乙女ヒロインっぷりに
ついには、あの個人主義の海東さんを完璧に籠絡し、
メロメロの海東さんはジョーさんのために訳のわからない行動に・・・

アレを傾国の美女っていうんダスね。

ラストで、海東さんにジョーさんの友情の手が届いた・・・っていうか
ジョーさんの貞操が今度の海東さんの標的にぃぃぃっ!!
ロックオンまでされてるぅぅ!!
海東さんったらあんなボロボロになるような酷い目にあったのに諦めないなんて
どんだけ骨抜きになってるんダスか・・
しかもジョーさんったら満更でもない顔をしている・・・!!
ちょっと嘘をつかれたマベさんへの当てつけダスか。



それ以外の見所としましては、
ゴーバスさん達が街に現れたショッカーに対して
時代錯誤な・・・ってつっこんでたんダスが、
その勢いのまま、ドヤ顔で登場した士さんに対して
「なんか、おばちゃんパーマが来たんだけど(笑)」と
クールに対応して欲しかった・・・とか
ワルズギル殿下とアクドスギルパパンが最後の最後まで和みキャラだった・・・とか。

特に、調子に乗った殿下が指揮を執っているマベさんに怒られ
「うわ〜ん!!」と走り出て行く時に
そっとパパンが後を追っていったのに萌えました。
しかも、この親子中盤でせっかく揃って巨大化するのに
とってもあっけない最後を迎えるという
相変わらずの愉快なザンギャックっぷり。
和むわ〜・・・


あと、マベさんがザンギャック勢を纏めていたのは
あくまで秘密裏の作戦のためであって
本当にトップに就任した訳じゃないダスから
組織のために上司として部下を叱責することまでしなくったって
よかったんダスよね・・・
ということは、
マベさんからの殿下への叱責って
単なる悪口じゃん。
さすがザンギャックには容赦しないマベさん。




ま、ストーリーはさておき
結集するオールライダーとオールヒーローの大迫力を体感するために
そして、オロオロする別人なジョーさんを大画面で堪能するためにも
観に行こうか迷ってる方には是非とも
劇場の大画面でご覧になることをオススメいたしますカッパ。

あ、士さんのおばちゃんパーマも
大画面だと破壊力絶大。




余談ダスが、パンフレット内
プロデューサーさんが何人か集まっての座談会のページの
「こどもたちへ このページはおとうさんやおかあさんがよむページです」
という注意書きに、
え・・・何か卑猥なことでも書かれてるの!?
とうっかり楽しみにしちゃったオラ。
あ、大人の事情が書かれてるだけで
卑猥なことは一切書かれてませんでした。
残念。


でも、インタビューが多くて読み応えがあるパンフダスので
お買い求めになっても損はないかと。
オラはうっかり特典DVD付きの方を買ってしまいましたカッパ・・・
貧乏ダスのに・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by 元カッパさん店長 at 01:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

ゴーバス9話及びフォーゼ32話を見て

どうも。
プリキュアを見慣れた今となっては
「聖闘士星矢Ω」が男プリキュアにしか見えないでお馴染み
腐れカッパダス。
もう、最近のニチアサキッズタイムは
どんだけオラの日曜の朝を占領すれば気が済むんダスか。
眠いったらありゃしない。
因みに、当時の聖闘士星矢では
アンドロメダ瞬さん及びその兄様を圧倒的に応援しておりました。

オラ、ブレてないじゃろ?



そんなこんなで今回のゴーバス9話。

おいおい、ウサダってあんなに精密機器っぽいのに
大人2人で運べるレベルの重さなんダスかいとか、
オペレーターが2人とも身代わりを務めたら
本部に役に立たなそうな司令官しかいなくなっちゃうけど大丈夫なんダスかとか
青さんが投げた爆弾が身を乗り出した黄さんに当たらなくて良かったねとか
赤さんが急に仲間で支え合うとか言い出すなんて
なんか悪いモノでも食べたんかとか
急にツッコミ所満載の今回でしたが、
それよりなにより赤さん萌えの道に一筋の光が。

そう、
オペレーター男子×赤さんの
いがみ合ってる風で実は仲良しフラグ。

(※リバ可)


実は認め合ってるんだろう?

言い合い出来るほど心許してるんだろう?

ふとした瞬間に
「あれ・・・こいつってこんなに睫毛長かったっけ・・・?」とか
ふと居眠りしている顔を見て
「あれ・・・こいつって実は物凄く整った顔してたんだな・・・」とか
思うんだろう?

オペレーター女子と青さんからも公認いただきましたしね!!
ま、
青さんとオペレーター女子の取り合わせに
思いの外萌えてしまったのは内緒ダスよ?

寧ろ赤さんチーム以上・・・

ふぃぃ・・・萌えた萌えた(※主に青さんとオペレーター女子に)と
ゴーバス視聴を終えたところ、
フォーゼはそれどころではなかった。


流星さんが弦ちゃんを倒した際に
物凄いテンションで一番キレる、完璧にデレきった賢吾さん。

弦ちゃんを三途の川で引き留めたのは
なぜか賢吾さん。

復活した弦ちゃんを涙で迎えたのは
なぜか賢吾さん。

その後の弦ちゃんの行動を全てお見通しで
笑顔で背中を押す賢吾さん。


賢吾さんったらマジヒロイン。


弦ちゃんが甦った際に、その勢いで抱き合うじゃないかと
本気で期待したのはオラだけダスか?



そして、一度はライダー部を裏切った流星さん。

再び皆さんの前に姿を現した際に、全てを失った・・・とおっしゃる流星さんダスが
その失った全てに親友と弦ちゃんは入れても
女子の名は生徒会長も友子さんも一切入れないという潔さ。
気を遣って、せめて「ライダー部の皆」位は入れても・・・


最後は弦ちゃんと手を取って和解してましたが、
あの「知らないぞ・・・俺のような厄介者」のくだり
明らかにツンデレ様がデレるフラグダスよね?
そしてそれを見守るライダー部の面々は皆
泣き顔やら、なにかしらの感極まった顔をしてるのに
1人険しい表情で頷く賢吾さん・・・

これから、弦ちゃんを巡る賢吾さんと流星さんの
ラブトライアングルが繰り広げられるんダスね・・・
ごくり・・・
楽しみダス・・・!!

頑張れ!!賢吾さん!!
本妻の座を守るんだ!!



そして、キャンディは大谷さんの可愛らしいお声で
随分と誤魔化されているけど
相当役に立たない妖精さんダスよね!!

勢いでうっかり言ってみました。
スッキリ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 元カッパさん店長 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

ゴーバスターズ 8話を見て

どうも。
雨の土曜に地元のアニメイト前でずっこけたでお馴染み
運動神経をどこかに置き忘れてきたカッパダス。

まさか、この齢になって
正座スタイルで階段落ちして膝を強打しようとは・・・
恥ずかしかった・・・
人間、恥ずかしい時には何も言葉が出ないもんダスね。
オラ「痛い・・・」と呟くことしかできませんでしたカッパよ・・・
ま、オラ人間じゃなくてカッパなんダスけど。


え?もうそんなユルユルなカッパ設定は飽き飽きダスって?
奇遇ダスね、オラも同意見ダス。



あぁ、わかってます、わかってますって。
皆さんの仰りたいことは。
そんなことよりゴーバスの話題はどうした?ってね。

いやね、
オラもゴーカイジャーの時のように
縦横無尽にツッコミを入れたいんダスがね。
ゴーカイの時も縦横無尽か?という疑問はひとまず脇に置いておいて
ゴーバスったら意外に設定がシビアなもんで、
ツッコミが入れ難いんダスよね・・・
あとは・・・

先生!!
ちっともゴーバスに萌えられないんダスが
どうしたらいいんダスかっ!?


はい、そんな理由ダス。


これまでも数々の萌えチャンスを何とか見つけ出すも
萌えに昇華する目前で悉く打ち砕かれまして。


例)

第4話にて

司令が赤さんを囮に使っていたことを知り、激怒する青さん。
思わず上司の司令に殴りかかる青さんダスが
それをクールに赤さんが制止。
いやいやいやいや、
青さんはアンタさんのために怒ってるのに
その本人がそんなにクールなんて怒りがいないわぁ!!
っていうか、
青さんパンチ
 →それを甘んじて受ける司令
  →職場内の軋轢
   →青さん下克上の土壌完成
というオラの綿密な萌えプランがぁぁっ!!
どうしてくれよう。


第5話にて

待ちに待った青さん熱暴走の回。
普段たまりにたまった鬱憤を
熱暴走という素敵なスペックに乗せて
そのまま赤さんを思う存分に押し倒すがいい!!
と思っていたら、
まさかの黄さんを襲う青さん。

まぁ、それはそれで楽しいか・・・と静観していたら
青さんから黄さんに向かっての壁バーン!!が炸裂。
これはもしや!!
このままの流れで黄さんに無理矢理キス
 →やや長めのキスに黄さんが身をよじるもなかなか解けない拘束
  →黄さんが青さんの唇を噛み切って青さんの唇から血がタラ〜の例のヤツ
   →そこからの更なる青さんのキスアタック
おいおい、日曜の朝からそんなの大丈夫かい!?(喜)
というオラの壮大な期待は
駆けつけたゴリラに雑に氷をぶちまけられて強制終了、
ふえ〜んと泣き出す幼い黄さんという惨状・・・
しかも肝心の赤さんはあまり熱暴走シーンに絡まないという・・・



第7話

整備士さん登場回。
赤さんがメカを粗雑に扱いすぎて
ついにブチ切れる整備士さん展開を想定し
整備士×赤さんの
油に汚れた手によって赤さんの肌に跡が付く下克上プレイ妄想を
ばっちりと待ち構えていたんダスがね。

よもや、整備士さんのうっかりミスに
感じの悪い赤さんが待ち構えていようとは・・・

あれ、クールとか自分に正直とかいうレベルじゃなくて
単に感じの悪いイヤミな子ダスよね・・・
赤さんがあれってちみっこ的にどうなんダスの・・・?
大きなお友達のオラは軽く引きました・・・



といった具合でして・・・

それでも、今回第8話で
やっとツッコミ所が見付かりましたカッパよ!!

青さんが同級生に何度も言った設計図を「渡すなよ、渡すなよ!!」は
ダチョウ倶楽部さんの例のアレダスよね。

そのフリに対して、本当にエンターさんに渡してしまう同級生。

ちゃんとお金をくれる気のいいエンターさん。
というか、ちゃんとお金持ってたんダスね。

そして取り戻せなかった設計図という後味の悪いラスト・・・

あれ・・・今回の話、ちみっこ的には
「夢が叶っても思い通りにならないこともあるし
不満ばっか言ってないで現状を精一杯こなすのが大切」
という教訓ダスか。
しょっぱすぎやしませんか?

青さん、最後に同級生にやり直せる的な言葉をかけてましたが
どう考えたってやり直せるわけないだろうに。
青さんそれはもしや遠回しなイヤミ・・・?


そしてまたしても萌えられなかったオラ・・・

このままだと、ふと思いついたままの
上層部にせっつかれても現場の部下を守るために
あえて自分の身を差し出すことでその場を何とか収める司令という
上層部(複数人)×司令妄想と
それをうっかり見てしまったオペレーター(男)にゆすられ
職場では上司として厳しく接するも
プライベートでは逆に酷い扱いを受けてしまう司令・・・という
オペレーター男子×司令の下克上妄想で
楽しむしか・・・

もう十分だよと思ったそこの貴方、
オラはメインで萌えたいんダスよ!!

ま、司令受け妄想は
それはそれで美味しくいただきますが。

別腹ダス。


そんなこんなでゴーバス感想、本当に不定期ダス・・・
マヂで今後の萌え次第・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by 元カッパさん店長 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。