2013年08月28日

『パシフィック・リム』観てまいりました。

どうも、大方の予想通り
タイバニチケット戦争に惨敗したカッパダス・・・

うん・・・
先行でハズレた時点でちょっとわかってた・・・
っていうか、一般発売で購入できた方ってどんな方なんダスの・・・?


ま、そんなことは嘆いてもしょうがない、
きっとLVがあるさ!!と己に言い聞かせるとして、
タイトル通り、映画『パシフィック・リム』観てまいりました。

本当は、『風立ちぬ』の方を先に見て
その感想というか思ったことも書きたいんダスが、
如何せん。

パシフィック・リム
世間では人気なくて終わっちゃいそうだから・・・


オラとしては大変楽しかったので
終わってしまう前に
気になっている方には是非ともご覧になっていただきたく
その感想というか、見所をおすすめしたい次第でして。


内容をご存知ない方に超簡潔に説明しますと
謎の巨大怪獣と人類最後の希望である巨大ロボが戦うお話ダス。
というか、それ以外に内容はござんせんよ。
これ、本当の情報。



まずね、
特撮ファンは這ってでも観た方がよいよ。


巨大ロボ好き、メカ好き、重機好き、整備スタッフ描写好きの方も
是非ご覧になっていただきたい。



そして、
デートムービーには向かないので
微塵も興味ない女子を誘っちゃダメだ!!

って、そんな方はこんな腐れブログ見てないか・・・

まぁ、周りでこれを見ようとしている
特撮に興味のなさそうなカップルがいたら
是非とも止めて差し上げてください。


あと、
重厚なストーリーとか人間ドラマとかを求めてる人は
観ちゃダメだ。



断言しますが、
そんなものはねぇ!!

あるのは勢いのみ。
でもそれでよし!!
巨大メカがタンカーで怪獣をぶん殴るシーンなんて
ワクワクして仕方ないよ!!


オラは3D吹き替え版で観たんダスが、
声優ファンは吹き替えで観た方がよいかも。
なんて豪華な声優陣。

あ、でも昨今の声優ファンの求めてる層とは
ちょっと違うダスかな・・・


一応、主役はお嬢さん方のファンが多い杉田智和さんダスが
周りを固めるのがベテラン揃い。
ヒロインの菊地凛子さん役が林原めぐみさんなのは
綾波サービスなんダスかねぇ。
オラは司令官が玄田哲章さんということだけで感無量。


他にも、
池田秀一さんやら古谷徹さんやら三ツ矢雄二さんやら
千葉繁さんやら浪川大輔さんやらと、
とにかく、経験豊富なベテラン揃いなので
吹き替えの演技に引っかかるストレスがなくて
自然に物語に没頭できましたカッパ。


ただ、アニメでは全く違和感を感じないんダスが、
実写の菊地凛子さんに林原さんは
ちと声が老けてんなぁ・・・と感じることも・・・
ここはもうちょっと若手でもよかったのでは・・・


あと、主役の杉田さんは
「〜〜おぉぉぉぉ!!」って叫んだ語尾のときに
ちょっと銀さんを感じましたよ、オラ。
隣の知らない兄さんたちもそこでクスクス笑ってたから
きっと同じことを思ってたに違いない。

もう一つ杉田さん。
計器の数字とかを読み上げるセリフで
「チェ・・・チェインバーさん・・・」とうっかり反応してしまいました。


そうそう、とある役を本職の声優さんでなく
芸人のケンコバさんが演じてるんダスが
オラ、クレジットを見るまで全く気付かなくて
ケンコバさん達者でビックリしましたカッパ。


ほかの見所としましては
驚くくらい綺麗な死亡フラグが見られるよ!!

あれ、死亡フラグの教科書があったら
絶対例文に載るレベル。



それと、芦田プロの演技はやはり凄かった・・・
朝の情報番組で俳優さんが
「あれ、愛菜ちゃんは本当に凄いんですよ。
 だって、後ろ何もないところで想像だけで演技してるんですからね」
と、仰ってたんダスが
それを加味すると更に凄いなと。


あとは、
博士コンビが今作における萌えキャラ。


あとは・・・
あ、親子パイロットの子供と
主役の顔が区別つかない・・・って
これは見所じゃなくてオラの外人の見分けつかない洋画あるあるだった・・・



ロボアニメ好きとしても
ニヤリとする描写がたくさんあるので
気になった方は上映している内に是非。

ツッコミどころはまぁまぁあるかもしれませんが、
見終わる頃にはそんなことは忘れて
あぁ!!面白かった!!と満足できるはず。

気になっている方は、騙されたと思ってすぐ劇場へ!!
これは大画面と大音響で見るべき作品ダスよ。



・・・あ、本当に騙されたと思っても
オラに投石だけはやめてください・・・

どうせ投石するならタイバニのチケットを転売している輩に・・・
いや、そんな輩は投石では間に合わんな・・・
タンカーでぶん殴るよろし。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ラベル:映画 特撮 声優
posted by 元カッパさん店長 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

『スタードライバーTHE MOVIE』観て参りました。

タイトル通り、『スタードライバーTHE MOVIE』を
観て参りました。

というか、
公開して3日目に観てきたんダスが
オラのパソ様がご機嫌斜めでうまく書き込めず、
現在も大変ご機嫌斜め続行中ダスので
このページがどう表示されるのか不安なんダスが、
とりあえず書いてみることに。
見づらかったらすみません。

では、おっかなびっくり始めます。

オラ、スタドラは本放送時に視聴していたんダスが
なんの気の迷いか、うっかり
最近発売されたBD BOXを購入してしまいまして。

ただ、購入して満足してしまったオラは
未見のまま放置してたんダスが
劇場公開が近くなり、そして公開が始まってしまい・・・ということに
焦って緊急視聴。

劇場版を観に行く前日に。


全25話はなかなか大変だったぜい・・・

そんな体力を削りきったまま
公開して3日目に観に行きました。


え〜
長いよ。
そして9割方総集編だよ。


いや、総集編だとは知っていましたが
CMでやけに新作カットを推してくるから・・・

まぁ、正確にいうと
9割方総集編じゃなくて
9割8分総集編なんダスがね。

CMで流れてる新作カット、
あれがほぼ全ての新作カットだよ!!
気をつけろ!!


もう、前日に全25話を見たオラには
どんな罰ゲームだよっていうね。

(※以下ネタバレありダスので気をつけて下さい。)


ただ、冒頭の新作カットは本当に素晴らしかったんダスよ。

これだよ、これ。
劇場版のサイズで観たかったのはこれダスよ。

街中で縦横無尽に暴れ回るサイバディ達。
劇場版のポスターで気になっていた
タクトさん以外の銀河美少年達。
そして謎の萌えキャラ、ポケットザメクちゃん。

なんだい、ワクワクするよ!!
と前のめりで鑑賞していたら、
俺たちの始まりはあの島だった・・・と回想開始。

よもや、そこからラストまで延々総集編だとは・・・。

ただね、
オラの全25話耐久の苦行が功を奏したこともありまして。

総集編だけれども
話をわかりやすくしたりだとか
編集した箇所を繋げるためだとかに
結構新作カットがチョコチョコと入ってました。

これ、相当見返した方じゃないと
判らないんじゃないダスかなぁ・・・。
もしくは、たまたま前日に全話見てる人とか。

オラはキングの登場時の新作カットで笑いました。
よりお馬鹿になっていて。
あれをスガタさんが自分で用意したかと思うとお腹痛い。


ただ、島でタクトさん、スガタさん、ワコさんが
3人でキャッキャウフフと海で戯れ
バックにワコさんの新曲が流れる長めの新作カット。

あれ、誰得ダスか。


あの分をもうちょっと冒頭、もしくはEDに割いては
いただけないもんだしょうか・・・

そして、ドンドン進む総集編。
ドンドン経過する実際の時間。
ドンドンと迫ってくる終了時間。

え・・・もう残り時間ないのにまだザメク戦!?と思っていたら
ワコさんの
「二人の男の子を、こんなにも深く同時に好きになっちゃった女の子の苦しみが、
 あなたにはわかる?」
視聴者「しらねぇよ!!」

の一連のくだりもあっての
テレビと同じラスト。

え・・・と困惑する劇場内に流れるED曲。
それに合わせて流れるわずかな新作カット。

新宿の町を歩くタクトさん、スガタさん、四方の巫女の皆さん。
あ、お姉さんもちゃんと消えないで無事だったのねやら
サカナちゃん、ちゃんと名前あったのねやらありましたが
オラ的見所は、ケイトさん全然懲りてない顔してんぞ!!っていう。
あのお嬢さんまだ諦めてないというか
むしろ何かやらかしそうなお顔をしてらっしゃいましたカッパよ・・・
スガタさん気をつけて!!

そして、そのEDが流れる最中に
バタバタ席を立って退場される方が結構いらしたんダスが
え・・・一体何を観にいらしたの・・・?
ここは少ない甘味を勿体ないと舐めねぶるように観るシーンじゃないの・・・?

全体的には良くできた総集編でしたが、
新作を期待するとちと辛いものが。
あと、良くまとまってはいるけれど
TV版を未見で初見の方にはちと敷居が高いかなと。

というわけで、
この映画を楽しめるのは
オリジナルを何度も見返すくらいの熱烈なファンか
オリジナルを程よく忘れて久しぶりに見る方
のどちらかダスかね。
前日に全25話なんて見返すもんじゃないね。

あと、TV版の作画が
劇場の大きなスクリーンでも全く見劣りしなかったのは
流石でした。

ただなぁ・・・
冒頭のワクワク感が凄すぎたからなぁ・・・
タイバニくらいの新作パートを期待しちゃってたからなぁ・・・


オラから心からのアドバイスとしては
そんなに期待しないで観に行くと程よく楽しめます。
ただ、長いよ!!

ダスかね。

前方に上映中5分ごとに体を大きく左右に動かしたり
後ろを気にしないで手を伸ばして背伸びしちゃう兄さんが座ってたオラには
なかなかイライラする時間の長さでしたカッパよ・・・
そのリラックス感、お前の部屋か!!ってね。
あと、いつもそんだけ動きながら観るのがわかってんなら
一番後ろの席に座っとけ!!ってね。

帰りに、プログラムを買うか買わないか散々迷ったんダスが
買わないで後悔するよりも、買って後悔を!!と
思い切ってお高いプログラムを買ってしまったんダスが
買ってよかったダスよ。
え?新作パートそんな設定だったの?っていう監督のお話がゴロゴロ。

っていうか、
あの島でキャッキャシーンを削って
その設定を新作分にちゃんと全部詰め込めよ!!
っていう
怒りが湧くので是非ご購入をおすすめします。
あと、ワコさんのあの問題の台詞も
そういうことだったのか・・・とちょっと納得できる解説が載ってます。
これはマヂで。

こんだけ毒を吐き散らかしましたが、
これのBDが出たらきっと買っちゃうんだしょうなぁ・・・オラ。
いいカモだっていう自覚はある・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ラベル:スタドラ 映画
posted by 元カッパさん店長 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

「劇場版HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」を観て。

入場者特典の0巻が欲しいが為に
観て参りました「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」。

張り切って初日に観て参りましたが、
毎度お馴染み、
楽しんだ方に怒られるような罵詈雑言を書き連ねたいので
今更の感想ダス。

というわけで、以下はネタばれ含むツッコミという名の悪口ダスので
お嫌な方はご注意下さい。
とりあえず言えることは
現在放送中のアニメは観てないけど
原作が好きなので観に行こうかなという方、
精神衛生上観ない方がよいダス。

冨樫先生の没ネームが原作的な勘違いさせる宣伝の仕方ダスが、
没ネームのシーンがチョロっと出てくるだけで
完全オリジナルストーリーダスよ!!
気をつけろ!!

以上、本気のアドバイスでした。




では、当日の様子含めた感想なぞ。



まぁ、あのアニメの出来からして
映画はガラガラだろうとは思ったんダスが、
入場者特典の0巻を確実に入手する為に
寝不足ながら初日に観に行って参りました。


結果。
何、この混みよう。


しかも小学生やら中学生やらが多いよ。
え、もしやアニメ化効果?


さらにはイマドキな兄ちゃん達のグループや
オサレなカップル様がとっても多いよ。
ワンピ、ジョジョに続き
とうとうハンタまでオサレ様達のテリトリーに・・・

オラの想定していたかなり高めの年齢層と
妙齢のお嬢さん方は寧ろ少数でしたカッパ・・・

なんていうか着席の時点でもうアウェイ。


ただ、小中学生を除く皆さんが
一様に上映前に0巻熟読。
どうやら目的は同じだったようで、ちょっと安心。



で拝見。


予告の時点で後ろの席の中学生3人組が
吃驚するほど大声で会話していて五月蠅かったんダスが、
まぁ、まだ予告だしな・・・と
珍しく寛容なオラ。
ただ『「花咲くいろは」は単なる美少女萌えアニメじゃねぇよ!!』と
心の中で激しくツッコむことはしましたが。

そして始まった本編。
一向に喋るのをやめない後ろの中学生達。
ここはお前らの部屋かい?
そして、
オラは菓子喰うだけでも舌打ちされたのに、
お前ら、あん時のお嬢さんが隣にいたら殺されてるよ?
命があることを感謝するんだな!!

と、以前のことをまだ根に持つ執念深いオラ。


そんなオラの器の小ささはさておき、
ちょっと驚いたのがその後ろのクソ坊ちゃん達の話している内容。
話している内容が何も考えずに脳からただ言葉を垂れ流しているというか
物凄く幼くて、昨今の中学生って・・・と少し不安になるレベル。


特に、レツさんが実は女子だったと判明するシーン。

キルアさんが突き飛ばしたレツさんの胸を触って初めて判る
なんだい、その古くさい表現・・・それ以前に
だいたいキルアってそんなキャラじゃないだろうよというシーンで
「え、え、今のって胸触って女って気付いたのwww」と
さも、わかったオレ凄くない?的な雰囲気で盛り上がるクソ坊ちゃん達。

え・・・そんなことまで口に出して確認しなければならないの・・・?

そこはみんな判ってるけど
あえて我慢して苦虫を噛み潰したような顔をして堪えているというのに・・・


なんだか薄ら寒いギャグシーンにもいちいち受けていたし
こういう小中学生向けに作られたと言えば
もうぐうの音も出ませんが。
まぁ、実際そうなんだろうし。


鑑賞後、小中学生達はとても楽しそうにお話ししてましたが
大人達は一様に暗い顔をしてましたからね・・・
近くの席のお嬢さん方は「思ってたのと違う・・・」とまで。
原作しか読んでない方ダスかね。

オラは現在のアニメ版の出来と
いつものジャンプ系作品の劇場版の傾向から
心の準備は出来ていたので
想定の範囲内の面白くなさで
そこまでショックは受けなかったんダスが、
まぁね。

副題からクラピカさんと旅団中心のストーリーかと思っていたら
キルアたんスハスハの映画でしたっていうね。


日テレ版のアニメはどんだけキルア贔屓なんダスか・・・

映画の内容を一言で表すならば
「友情パワー!!」
えぇ、某アラシヤマさんを彷彿させる程の
友情パワー推しでしたカッパ・・・
友情パワーで不可能も可能にする!!的な。
そしてこのネタはどの世代にまで伝わるんだしょうか・・・


あと、オリキャラの藤木さん声の人。
結局何がしたかったんダスの?
単なるコレクター?
そして単純な疑問。
あんなに弱いのになんで旅団に入れたの?
なんか使えそうで全く使えない念能力だったし。
そもそも、その念能力もどんなもんかイマイチよくわかんなかったし。
団長が、「お前のその宴会芸面白い。宴会部長に採用」ってな具合で
和まし要員として採用されたんダスかね。


クラピカさんも
元蜘蛛だけど入れ墨あるからオッケ〜♪的なノリで念使ってたんダスが
誓約ってそんなフワッとしたもんダスの・・・?


そうそう、
クラピカさんどころか中盤でゴンさんも眼を奪われるんダスが
二人とも日常生活では人の手を借りてるのに
どうして戦闘シーンは急に支障なく闘えてるの・・・?


他にもツッコミ所が満載で・・・

クラピカさんが眼を奪われてから見たビジョンをキーワードで表しただけで、
なんで皆そんな正確に把握出来てるの・・・?とか

なんでキルアさんとゴンさんはウヴォーさんをご存じで・・・?とか

キルアさんは落ち込んだくらいで自殺を選ぶキャラか?とか

それ以前に電車にはねられた位でキルアさん死ねるの?とか

キルアさん自分のやったこと棚上げして立ち直るの早すぎない?とか

そもそも友情パワーでどうにかなる問題だったっけ?とか

キルアさん普通に足音たてて敵のアジトに侵入してますけど・・・?とか

ゴンさんの服の生地、丈夫すぎやしませんか?(あまりにも破れない)とか

旅団が全体的にいい人すぎやしませんか・・・?
なんで今更元団員のケリをつけるとか律儀に行動してるの・・・?とか。


そして、オラはこれを声を大にして言いたい。


冒頭、
アニメお馴染みの薄ら寒い「ハンサイクロペディア」で
前知識のある人にはかなり無駄な
そして、前知識のない方には不親切すぎる
薄味でかなりざっくりとした世界観の説明の後
キルアさんの唐突な捏造過去話から
現在に戻ってキルアさんとゴンさんの痴話喧嘩で物語が始まりましてね。
(※比喩表現ではなくて、寝顔を見た見ないっていうマジ痴話喧嘩)

その後もキルアさんとゴンさんが不必要にイチャついたり
キルアさんが女子キャラにミエミエな嫉妬をしたりするんダスがね。

なんていうか・・・

腐女子は喜ぶだろうけど・・・とか思われてそうダスけど
かなり心外。
ぷんすか。

本気で腐ってる者はこんなの喜びませんからね!?


「お前らこういうの好きだんだろ?」とか
「こういうの与えとけば喜ぶんだろw」とか
そんなミエミエなもんじゃこちとら萌えませんよ?
寧ろ萎えますから!!

こんな程度で喜ぶのは尻の青いおこちゃまか
にわかのみ!!

なんでもかんでも面白くないものを
腐女子向けとか腐女子のせいでとか安易に評される
昨今の風潮どうにかならんもんかね。
ぷんすか。

この「腐女子のせいで」って
一気に思考停止させる魔の言葉というか
思考停止の免罪符にされているような気が。
ぷんすか。


あ、つい話が横道に逸れてしまいましたカッパ。


軌道修正。
オラはヒソカ×ゴン派ダス。

はい、これがカッパの必殺技
「舌の根も乾かぬうちにどの面下げて」ダスよ。

あ、必殺って
オラが殺される方ね。


そして、そんないろいろな感情が渦巻く場内を
ザッと力業で洗い流して一気に感動する空気に変えてしまう
ゆずのED曲。
なんかあの曲かかっただけで
急に爽やかないい話だった雰囲気に。
ゆず、恐るべし。



というわけで、
これ、テレビのスペシャル版として放送でもよかったのでは・・・?という
映画の悪口でした。



あ、ちなみに0巻の冨樫先生の一問一答。

「本当にこの作品の連載を続けて完結させる気はあるんですか?」という
一番大事な質問がありませんよ?

映画の話とか、わりとどうでもいい・・・
あと、そもそもこの企画が
冨樫先生との相性がよくない気がする・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 元カッパさん店長 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。