2013年01月05日

劇場版「青の祓魔師」観て参りました。

先日もちょろっと書きました通り、
劇場版「青の祓魔師」を公開初日のレイトショーで観て参りました。




レイトショーとはいえ、
公開初日でオラの地元の片田舎の劇場ダスのに
劇場版青エクグッズに既に品切れ商品があることに
ちょっと吃驚しつつも鑑賞したんダスが、


え〜
皆さん、これは劇場で観るべき。


この土日にお時間ある方は
是非とも劇場の大きなスクリーンと迫力あるサラウンドで
鑑賞していただきたいので
取り急ぎ、ネタばれしない程度のオススメ所を。




まず、
とにかく背景が綺麗。

一番に思い浮かぶのはダントツでこのことダスね。

もうね、劇場版の名に恥じない素晴らしさ。
どれくらいかっていうと

あぁ、これと「SAO」に力を入れたせいで
「マギ」と「新世界より」はあんな感じになっちゃったんダスなぁ・・・
って感じ?

まぁ、その2作品に関しては作画だけの問題でもないんダスが・・・


とまぁ、冗談はさておき。

緻密に描かれた正十字学園町は
正十字学園の市街ってこんななんだなぁと感心しつつ
どこか懐かしさも感じられ、
壮大な祭のシーン(ちと「イノセンス」風)では
熱を感じて、ひたすら圧倒される
とても素晴らしい背景美術になってます。
さすがスタジオ4℃。
これだけでも劇場で見る価値はあるかと。



そしてキャラクター。


劇場版用のオリジナルキャラである
「うさ麻呂」くんが可愛いのなんの。

しかも、そこに
あの無敵の釘宮ボイスが付いちゃうんダスからもう、
天下無双。


終始、
ウサ麻呂くんきゃわわ〜ハートたち(複数ハート)
クロもきゃわわ〜ハートたち(複数ハート)
ニーちゃんもきゃわわ〜ハートたち(複数ハート)
燐くんもきゃわわ〜ハートたち(複数ハート)

・・・って
最後のがグループ違いなのは
勢いでも誤魔化しきれなかったダスか・・・

いや、ほら、
燐くんって可愛いじゃん・・・?
性的にも可愛いじゃん・・・?


やばい・・・
釈明すればするほど泥沼ダスね。



ゲフンゲフンッ!!

え〜っと

オリジナルキャラだけじゃなく
レギュラーメンバーも勿論素敵。


パンフにも書かれていたんダスが
キャラデザはアニメ版よりも現在の原作版に寄せたそうで。

まぁ、それは正直1回見ただけでは
そこまで見分けられなかったんダスが、
終始崩れることなく動きも綺麗だったってのは
オラでもわかりました。


キャラクターの内面的にも
アニメ版の世界観は継承しつつも
原作により近い性格や関係性になってるように感じましたカッパ。
奥村兄弟なんか特に。

しかもそのすり寄せが違和感なく自然に行われていて
監督と脚本の方が違うと
こうも違うのか!!と。


いや、岡村さんの作品も好きダスけども・・・
どの監督作品もラストが微みょ・・・ってゲフンゲフンッ!!
あぶない!!
自分のツバで咽せました。
老化は恐いダスねぇ。



音楽はアニメ版に引き続き澤野弘之さんの
重厚でどこか寂寥感も感じるとても素敵な楽曲で
場面場面によく合っていたと思います。



で、肝心のストーリー。


劇場版だからと張り切って大風呂敷を広げず
ある日常部分を切り取った感じがオラにはとても好印象でした。


うさ麻呂くんの正体というか能力はまぁすぐわかるし、
(というか、あえてそのように作られている)
結果どういうオチになるかってぇのも
ある程度簡単に予測はつくんダスが
それでもオラはうっかり涙してしまいましたカッパ。
「レ・ミゼラブル」で眉一つ動かさなかったこのオラが。
だってオラ、
王道のベタな展開大好物。

しかも、途中でイイ感じに
獅郎さんの回想シーンとか挟んじゃうから、もう。



ただ、冒頭のしえみさんが・・・
これ言っちゃうとネタばれになっちゃうから言えないダスけど
冒頭のしえみさんが・・・
ご覧になった方は「あぁ・・・あれな・・・」と
お分かりになっていただけると思う・・・
本当に冒頭のしえみさんが殴りてぇ・・・
Σいっけねぇ!!つい、うっかり本音がポロリ。



あ、そうそう
自ら檻に入る可憐な兄さんという激レアな状況に
動揺のあまり部屋を飛び出す雪男さんが見られるよ☆
(※これ、嘘じゃなくて本当ダスから)


あと、
京都組がローションまみれだよ☆
(※嘘ではないが一部誇張あり)


まぁ、そんな感じダス。(ざっくり)


とにかく、青エク好きの方は
劇場まで足を運んでも損はないと思いますカッパ。


ただ、
そんな方はこんな弱小駄ブログなんてご覧になってはないと思いますが
「青エクって聞いたことあるだけで内容よく知らんけど
 なんか絵が綺麗そうだし、バトルもんのアニメみたいだから
 観に行ってみようかな」というような方、
「劇場版ワンピース超おもしれぇ!!」という方、
この映画、観なくて大丈夫ダスから。


もし、そんな方が周りにいらしたら
何が何でも阻止してあげて下さい。
それが双方の幸せのためダスよ。


とりあえず、オラは
何故か手本に前売り券がもう一枚あるので
もう一回観てきます。


もう一回、存分に
大画面で燐くんをペロペロ堪能してきます。

はい、結局いつも通り残念なオラダスよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ











posted by 元カッパさん店長 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

映画 『悪の教典』 観て参りました。

るんるんジングーべ〜ジングーベ〜クリスマス

皆様、クリスマスいかがお過ごしですか。

え?オラダスか?

カップルが乳繰り合う街中をぬって
映画『悪の教典』を観に行って参りましたよ。

だって、ほら
サンタさんのお洋服が赤いのって
大量のプレゼントを調達するために
略奪につぐ略奪を繰り返した際に浴びた返り血だしょ?

あ、もしくは
可愛い幼児の寝顔にハァハァした
サンタおぢさんの鼻血で染まったんだしょ?

あ、更に
そのハァハァを家人に見咎められて
殴られた際の流血で染まったんでしたっけかね。
これが正解ダスかな。


急に何の話をしてるのかって?

だからクリスマスに陰惨な『悪の教典』を観に行ったんだよっていう
単なる必死な言い訳ダス。


でもね、思わぬ落とし穴が。

もうそろそろ公開も終わりそうだというのに
会場内、ほぼ満杯。
しかもカップルやら若者が多っ!!
これ、デート−ムービーには全く向かないと思うんダスが・・・

あれか。
お化け屋敷感覚か。
廃墟とかで肝試ししちゃう若者の無鉄砲なあれか。
だから上映中普通に喋っちゃうんダスか。
いやぁ、幼児向け映画を観に行った時と同じくらいうるせぇうるせぇ。


あと、
原作には微塵も興味なさそうな若いお嬢さん達が
結構な人数いらしたんダスが
もしや伊藤英明さん目当ての一点突破・・・?
だから、映画の最中に気分悪そうにしたり
急に隣の人と話し出したりして
え?どういうつもりでこの映画を観に来たの・・・?
ってな感じの人だらけだったんダスの・・・?
伊藤英明さんも罪なお方ダスぜ・・・。


しかも、
この映画吃驚するほどつまらないんダスぜ・・・?
それなのにあんな大量なお嬢さん方を巻き込むなんて
伊藤英明さん、罪なお方ダスぜ・・・。



え〜、オラ原作は既読ダス。
そして、伊藤英明さんがハスミン役は
本気でぴったりだと思いました。


それらを踏まえた上で
今からかなりのネタバレを含む暴言を吐きたいと思います。



では。


確かに上下巻に渡る長編を
二時間程度に収めるのは難しいかなとは思ってた。
あと、
監督が三池監督な時点でうっすら嫌な予感もしてた。


ただね、
よくもまぁ、ここまでつまらなくしたもんだ。


あ、オラね
先ほども申しましたが原作は既読ダスので
「あまりに残虐すぎて見るに堪えない、不愉快」やら
「命の重さをあまりにも軽く扱いすぎ」やらっていう
え・・・何を期待してこの映画見にいらした・・・?的な
えらく的外れというか
弓道の的に砲丸を投げつけるような批判をするつもりは
さらさらございませんよ?


ただ単に映画として面白くなかった。
これに尽きますカッパね。


原作は完璧な好青年であるハスミンが
徐々に得体が知れない人間であることが判ってきて
ジワジワと恐怖を感じるのが醍醐味なのに
映画では冒頭から
ハイ危険人物でーす。
簡単に人殺しちゃいますよ−。
ってな感じでなぁ・・・・


あと、原作を読んでないと確実に判らないシーンが
いくつあったんダスが
あのシーンを原作未読の方はどう思ったんだしょうか。

特に、夢という描写で示されたハスミンのアメリカ時代とか。

オラ、アメリカで働いていた時のエピソード
原作で一番の笑いどころで好きダスのに。
え・・・ハスミン自分で頭いいって思ってるだけで
実はえらくお馬鹿さんなんじゃね?っていうツッコミ所満載の。


あと、これは真面目に思ったんダスが
アメリカ時代の学生だった頃のシーンは
ハスミンの立ち位置ちょっと違うような。
彼なりのポリシーがあり
それがハスミンが快楽殺人者とは明確に一線を画すところが
あまり描ききれてないような・・・



あと話を纏める都合上
人物設定も変更するのは判るんダスが
だったら血の付いたバールとかいらなくない?
あと、ドラムシーンとか必要?
更に言うなら
山田孝之じゃあセクハラしてても
そこまで嫌悪感湧かなくない?
あの人物はもっと年いったゲスいキャスティングじゃないと。


あと、一番の問題点が
山場であるハスミンの校内大量虐殺にいたる理由が
一切描かれていないということ。

一応、とても独りよがりでアホな彼なりの理論があるんダスが
映画ではそれが一切示唆されないので
え・・・なんで急に虐殺始めちゃった・・・?っていう唐突感。


そして、
どんなに知恵を絞っても何手も先を読んでいるハスミンに悉く潰され
絶対に助からないという絶望感が本編の肝だと思うんダスが
(まぁ、短絡的なご都合主義的展開は多少ありますが)
映画のハスミン、超杜撰。


映画の生徒さんたちが、
ギャーギャー騒ぐだけであんまり頭よろしくなかったので
それでもどうにかなったんダスが
あれ、原作版の生徒さんたちだったら
もっと大量に逃げ出せて助かったんじゃないのっていう。

まぁ、実際の高校生があんな目にあったら
映画版の方が正確な描写なのかもしれませんが
別にそんなところリアルに表現しなくても・・・。


なんというか
サイコホラー映画を観に行ったら
パニック映画でした。



あ、いいところもありました。

伶花ちゃん役のお嬢さん、とても可愛い。

ただ、美彌ちゃん役のお嬢さんは
ちょっとオラのイメージとは違っていたなぁ・・・
更に言うなら
圭介くんと雄一郎くんも
オラのイメージとは大部違っていたなぁ・・・


えっと・・・他にいいところ・・・
見付からない・・・


・・・あった!!

三池監督が多分意図的に笑わせようとしてるであろうシーンは
オラ、薄ら寒くて仕方ないんダスが、
唯一、林遣都くんが美術の先生にチョメチョメされてるシーンは
必要以上にエロく描写されていて笑いました。

しかも、そのシーンは別にそんなに重要じゃないのに執拗に描かれ
ハスミンと美彌ちゃんに関しては朝チュン仕様っていう。
え?なんでそっちに重きを?と
そこでまた笑ってしまいましたカッパ。


そんくらいダスかね。

まぁ、観に行こうか迷っている方がいらしたら
観に行かなくて全然大丈夫。

そのお金で原作買った方がまだいいよ。


悪の教典 上 (文春文庫)



悪の教典 下 (文春文庫)


ただ、原作もそこまで面白いかっていうと
自信を持ってオススメはできないダスなぁ・・・
それなりに面白いダス。
そこまでハードルをあげちゃダメだ!!


余談ダスが、映画をみて不満タラタラのオラは
帰りに本屋さんに寄ってこれを買いました。



ひみつの悪魔ちゃん(2)特装版 (わぁい!コミックス)


新装版1巻が出るからおかしいなとは思っていたが、
まさかサイズが変わろうとは!!
と、ここでも不満タラタラながらレジに並んだオラダスが、
店員さんはとても生温かい眼差しで淡々と袋に入れてくれました。

そうか!!今日はクリスマスイヴか!!
とそこでうっかり思い出してしまったオラ。

帰り道の寒くて暗いこと・・・
あれ・・デジャブ・・・?
って最近こんなんばっかりや。

サンタさん・・・
オラに温もりをくださ・・・らなくて結構なので
もっと大量のマンガやラノベやアニメBDを購入するための
財力を下さい。
切実。

ブログランキング・にほんブログ村へ



















ラベル:映画
posted by 元カッパさん店長 at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

今更、映画「スノーホワイト」観て参りました。

皆様、これまたお久しぶりでございますカッパ・・・
腐れカッパでございますカッパ・・・
暑さと極度の肩こりにへたっておりました・・・
そして、もう一回改めて書き直したのに
更新直前でデータが消えてしまい、
またガッツリと心を折られてました・・・

というわけで、
三度目の正直となるか?
前回予告した、映画「スノーホワイト」の感想を今更。



いやはや、
大変美術に凝った
お金のかかってるコメディーでした
・・・って

え?違うんダスの?

オラ、終始ツッコミに忙しかったんダスが。




以下はネタばれ前提の感想という名のツッコミダス。
未見の方、この映画が大好きという方は
心して見て下さい、というか
廻れ右してご覧にならない方が身のためダス。







はい、もう注意はしましたからね?

では、心おきなく。



まず、声を大にして言いたい。

悪い継母様、超美人。

多分、劇場内の観客全員が思ったであろうこと。

「大丈夫!!鏡に聞かなくったって
アンタさんが一番綺麗だよ!!」



もうね、オラが鏡だったら
「鏡よ鏡、世界で一・・・」のあたりで喰い気味に
「貴方様です!!」 と叫んでいること請け合い。



で、主役の白雪姫さん。
悪い継母とその弟に父王を殺されて城を乗っ取られた挙げ句、
薄暗い塔に幽閉されて育つ・・・という設定なんダスがね。

オラ、てっきり継母の弟に性奴隷的な扱いを受けながら
荒みきって成長したんだしょうなぁ・・・と怖々観ていたら
凄ぇ順調に成長していらっしゃる。

洋服も麻袋的な貫頭衣を着てるのかと思いきや
普通のしっかりとした動きやすいドレスを着てらっしゃる。

継母様ったら意外といい人。

と思っていたら、
継母様は成長した白雪さんの生き肝を狙ってたらしく、
フォアグラ的な扱いダスか、とちょっと納得。

その生き肝を回収するために
弟さんを白雪さんの元に向かわせるんダスがね。
その弟さんを軽い色仕掛けで引っかけた後、
古釘一本で応戦してまんまと逃げ出す
大変に根性の座った白雪さん。

あんた、今までずっと幽閉されて育ったんじゃないんかい。

で、ずっと狭い牢獄に幽閉されてたわりに
物凄く華麗なフォームと素晴らしい脚力で
追っ手を撒いて見事逃げ切る白雪さん。
え、幽閉されてて足腰弱ってないの・・・?


そして、躊躇なく排水溝に飛び込んでお城から脱出した後、
動物さん達の粋な計らいで、白馬が待機してるんダスがね。
鞍もない裸馬を乗りこなすどころか
暴れん坊将軍並みの速さで駈けさせる白雪さん。

くどいようダスが、
あんたいままでずっと幽閉されて育ったんじゃないんかい。


その後、逃走中の白雪さんは
一度入りこんだら生きて出られない雰囲気の
黒い森に迷い込みまして。
この森、全体的にドロッとした黒い汚泥みたいので構成されていて
虫やら毒蛇っぽいのやらがウジャウジャと湧いてるんダスがね。
普通の深窓の姫君だったら即悲鳴あげて気絶するところを
ちょっとは驚くけど、叫び声一つあげない
誠に肝の据わった白雪さん。

途中で森の幻影のお陰で気絶しちゃうんダスけど、
あれ逃げて疲れてたからで
元気だったらそのまま森を突っ切ってたに違いない。



なんやかやで、
継母勢力を倒すことを心に誓い、
継母が差し向けた狩人さんを取り込んで
自分側に付くように交渉する
これまた本当に肝の据わった白雪さん。
普通のお姫様だったらウジウジ「私・・・出来ない・・・」とか
ごねたところを根気よく説得されてやっとやりそうなもんなのに
潔くサクサク進める白雪さん。
話が早くて助かるわ!!

まんまと丸め込んだ狩人さんに
「お前は小柄だから敵の胸元に飛び込んで
このナイフで心臓を突け」みたいな指南を頂戴した際、
「そんなことできない・・・」という
急に思い出したのか、普通の姫的な振る舞いをし始める白雪さん。
そんな、
古釘一本でがっつり悪い弟さんを負傷させたどの口で。


森を抜けた直後、
襲いかかってきたトロルに対し
全力で応戦するも一切敵わない狩人さんを尻目に
覇気のみで退ける、某海賊王になる方レベルの白雪さん。
もう、流石としか。


なんやかんやあって
狩人さんと旧知らしき小人さん達と出会い
妖精の森に連れて行かれる白雪さん。

この妖精の森、
きのこに目があったり、
花かと思ったら大量に留まってた蝶の群れだったり
白くてちっさいオッサンが小鳥の喉元から出てきたりと
オラにとっては、黒い森とどっこいどっこいで薄気味悪いんダスが。




で、その妖精さんの森で白雪さんの前に唐突に現れる
シシガミ様・・・じゃなくて、聖なる白鹿さん。

水辺で背後に巨大な樹が生えてる前に現れるけど
あくまで聖なる白鹿さん。

白雪さんに祝福を与えた後
敵に矢を射られて倒れるとこまで完コピだけど
やっぱり聖なる白鹿さん。


そのちょうど同じ頃
観客の脳裏で勝手に再生される米良さんのお歌。





あと、白雪姫にダンスを申し込み
その後ハグまでしてしまう小人さんに
そんなあからさまな死亡フラグを・・・と笑っていたら
本当の死亡フラグでかなり吃驚したオラ。



色々あった後に
継母さんへの抵抗勢力である侯爵家の息子である
白雪さんの幼なじみのイケメンが合流。


ただ、このイケメンが
かなり中途半端なイケメン。

白雪さんと狩人さんとイケメンとの
ラブトライアングルも見所なんだしょうけど
なんせ、中途半端なイケメンのお陰で
もう10対0で結果がわかっちゃってる勝負にしか・・・
もうちょっときっちりとしたイケメンはおらんかったんダスかい。



それで、元々のお話通りに
継母さんに毒林檎を食べさせられて
死亡してしまう白雪さん。


イケメンが思いあまってキスするも生き返らず。

泣く泣く白雪さんの遺体を運び込み
深い悲しみに包まれる侯爵さんのお城。

静かに横たわる白雪さんに対し、
現実逃避のために飲酒して
その酔った勢いのままグデングデンでキスする狩人さん。
何故か生き返る白雪さん。

あれダスか。
あまりの酒臭さにウッ・・・!!ってなって咽せた拍子に
突っかかっていた毒林檎の欠片が飛び出したんダスか。


まぁ、それよりも
イケメンやら狩人やらにホイホイキスされるなんて
随分とお安い、姫様の唇だこと!!

まぁね、狩人は一旦おいとくとして
侯爵家の息子が主君たる王家の姫君の身体に
気安く触れるとは何事か!!と
本筋とは関係ないところで急に怒り出すオラ。



でね、この白雪さん
侯爵のお城に連れてこられた際に
泥で汚れた顔も綺麗にして、おべべも綺麗なドレスに取り替えたんダスがね。
今までは逃亡のために全身泥だらけで駆けずり回ってたからであって
綺麗にしたらとても美しく・・・って
いえね。
お美しいことはお美しいんダスが
あれ・・・?
継母様のほうが絶対的にお美しいですぞ・・・?

鏡さんはなにをもって白雪さんの方が美しいと・・・?
外見だけでなくその心根が・・・とか言い出したらキリないダスよね。


そんなことはお構いなしに
生き返る否や、
民衆を扇動し、反乱軍をまとめ上げる
とっても行動力溢れる白雪さん。
行動力が溢れすぎて
自ら甲冑を着込み
騎馬隊の前衛まで務めちゃう白雪さん。

もうね、あれだ。
間違えて姫様に生まれて来ちゃっただけで
この方の魂は根っからの勇者ダス。
そう思えば、今まで感じた違和感もなんか納得。
悪戯な天使が、うっかり魂を両方入れちゃったんダスかね。
と、ほとんどの方が元ネタにピンと来ないネタで勝負するオラ。



無事、敵の陣地に入城した白雪さんは
敵の苛烈な迎撃も、ちゃんと盾で防ぎ
簡単にラスボスである継母さんの元に到着。
細い腕で重そうな剣を見事に振るって応戦。
幽閉されてたのにその膂力はどこから・・・?
な〜んて野暮なことは言いませんカッパよ。
だって勇者なんだからしょうがない。


ただね、
白雪さんの幼年期のシーンで
一緒に幼なじみの男の子と野山を駆け回り、
傷ついた動物を慈しむ優しい心根を持ちつつ、
剣術指南を共に受けて
爺「姫様はとても筋がよろしくていらっしゃる」
婆や「あらあら、レディなんですからくれぐれもお怪我には気をつけて・・・」
白雪「ごめんなさい!!でも、とっても楽しいの!!」
といった感じのやり取りがあって
幽閉された後も、
あまりの孤独に狂いそうになる心を
剣術のイメトレをすることで平静を保っていた・・・
みたいな設定があれば
勇ましく戦う姿にも唐突な違和感は感じなかったのでは・・・なんつって。



どんなに継母さんの魔法で吹っ飛ばされようとも
そんじゃそこらの姫様とは胆力が違う白雪さんは
あんなに渋っていた心臓にナイフを一突きという奥義を
あっさりやり遂げて見事継母さんを撃破。
白雪さん、とても本番に強いタイプ。



で、悪い魔法で朽ちかけていた自然は元の姿を取り戻し
白雪さんが無事に戴冠して女王となる大団円で
めでたしめでたし。


そのラストに対し、
オラの前方席に座っていらした
白雪さんのキスシーンをキャッキャと言いながら観てた
可愛らしいお嬢さん方は
「面白かった〜」
「ね〜。でも結局、白雪姫は誰とくっつくの〜」と
ちょっとご不満そうでしたが
多分、近隣諸国の有力な一族の男子とくっついて
某かの援助を取り付けると思いますカッパよ。
じゃないとあそこまで傾きかけた国を立て直せないだしょうて。
侯爵家の息子は傾きかけた国の臣下なので
そんな色恋にうつつを抜かしてないでちゃんとやることをやれ。
狩人さんは権力を持たせると碌なことないので
政治に一切口を出さないことを条件にした
激務でお疲れであろう白雪さんを癒すための愛人ポストダスかね〜。


って
そんなこと考えるヤツは
この映画見るなってね。


この映画は劇場で観なくても
レンタルで充分。
寧ろ、数人でお菓子でもつまみながら
適当に茶々を入れて楽しむのが正解かと。



因みに、
新潮社から新装版で発刊された「十二国記」を
ホワイトハート版も全て持っているのに
買い直してしまったオラ。
久しぶりに読み返してみると、
結末を知っていても、煮え切らない主人公の態度に
とってもイライラしちゃったんダスがね、
よくよく考えれば、見ず知らずの異世界に放り出されたら
こっちの態度の方が当たり前だよなぁ・・・と
潔すぎる白雪さんを思い出しながら読みましたカッパ。


ご存じない方、未読の方はこの機会に是非。

上巻はこれでもか!!というくらい辛い展開が続き
読み進めるのに相当なストレスを感じると思いますが
それを乗り越えた先にある、下巻を読了した時の爽快感といったら!!
このたくさんの積み重ねによる物語の厚みが
そんじゃそこらの異世界召喚モノと一線を画す由縁だしょうかね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 元カッパさん店長 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。